小水一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小水 一男(こみず かずお、1946年12月14日 - )は、日本映画監督脚本家俳優写真家宮城県仙台市出身。昭和40年代のピンク映画 - 日活ロマンポルノの代表作家の一人である。本名よりもあだ名のガイラで知られ、この名義でクレジットした作品もある。由来は、容貌が特撮映画『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』に登場する怪獣ガイラに似ていたことによる。

経歴[編集]

日本大学藝術学部を中退し、1966年若松孝二率いる若松プロダクションに入社。若松、足立正生沖島勲大和屋竺らのもとで助監督のキャリアを積み、1970年に『私を犯して』で監督・脚本デビュー。また、俳優としても大和屋の監督作品『愛欲の罠』で秋山道男とコンビで不気味な殺し屋役を演じるなど、活躍した。

その後、一時映画界を離れ、写真家長濱治のもとで商業写真を手がける。1980年には『ラビットセックス・女子学生集団暴行事件』で映画界に復帰し、1990年に旧友・ビートたけしからのオファーを受け、『ほしをつぐもの』で一般映画に進出した。

現在[編集]

現在はレストランの経営の傍ら、Vシネマなどのビデオ映画のプロデュースを行っている。

レストラン[編集]

東京初台にてレストラン「コズミックダイニング・ガイラ/Cosmic Dining Gaira」を経営している[1]

主な作品[編集]

映画[編集]

  • 私を犯して(1970年
  • ラビットセックス 女子学生集団暴行事件(国映、1980年)
  • 悶えて濡れて(国映、1981年)
  • 女教師 スキャンダル(ミリオンフィルム、1981年)
  • 強烈セックス 欲情看護婦(新東宝映画、1981年10月09日公開)
  • キャッチガール 舌戯悶絶(ミリオンフィルム、1981年)
  • バイオレンス・ポルノ 縄と暴行(ミリオンフィルム、1982年)
  • バイオレンス・ポルノ 縄姦(ミリオンフィルム)
  • 変態全裸犯し(新東宝映画、1982年)
  • 人妻凌辱(新東宝映画、1984年)
  • 処女のはらわた(六月劇場、1986年5月31日公開)
  • 美女のはらわた(六月劇場、1986年9月23日公開)
  • 拷問貴婦人(1987年6月20日公開)
  • 井上あんりのザ・裏モデル(1988年1月9日公開)
  • ほしをつぐもの(1990年2月3日公開)

オリジナルビデオ[編集]

  • GUZOO 神に見捨てられしもの1986年
  • バトルガール Tokyo Crisis Wars(1991年)
  • XX 美しき凶器(東映ビデオ、1993年)
  • 極道の姐 玲子(ケイエスエス、1994年)
  • ざけんなよ!(ミュージアム、1998年)
  • アクセル ブチギレ女の暴走クラッシュ!!(レジェンド・ピクチャーズ、2000年)
  • 東京大停電 エレベーターパニック(2000年)
  • エロティックスローター 唇に銃口(2000年)
  • 令嬢強奪(2001年)

脚本[編集]

出演[編集]

  • 性の放浪(1967年9月12日)
  • 性遊戯(1969年2月24日)
  • 狂走情死考(1969年)
  • 性賊 セックスジャック(1970年12月29日)
  • 噴出祈願 15歳の売春婦(1971年8月4日)
  • 愛欲の罠(1973年12月15日)
  • ミミズのうた(1983年5月23日)
  • 制服監禁暴行(1986年)
  • ドライフラワー(1986年)
  • エンドレスワルツ(1995年10月7日)
  • ソドムの市(2004年10月16日、高橋洋監督)
  • サンクチュアリ(2005年10月7日、瀬々敬久監督)
  • 映画監督って何だ! (2006年11月4日)

外部リンク[編集]

  1. ^ ぐるなび コズミックダイニング・ガイラの紹介[1]