ちょっとマイウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ちょっとマイウェイ
ジャンル テレビドラマ
脚本 スタッフ参照
演出 スタッフ参照
出演者 桃井かおり
研ナオコ
緒形拳
八千草薫
岸本加世子
神田正輝
秋野太作
赤塚真人
オープニング パル「夜明けのマイウェイ
製作
製作総指揮 溝口至
プロデューサー 清水欣也
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1979年10月13日 - 1980年3月29日
放送時間 土曜 21:00 - 21:54
放送枠 土曜ドラマ (日本テレビ)
放送分 54分
回数 25
テンプレートを表示

ちょっとマイウェイ』は日本で制作されたテレビドラマ日本テレビ系列で「グランド劇場」として、1979年10月13日から1980年3月29日にかけて毎週土曜日21時から21時54分の枠で放送された。原則1話完結型で全25回。桃井かおり主演。

概要[編集]

代官山にあるレストラン“ひまわり亭”を舞台にしたコメディドラマである。出演者同士の軽妙な掛け合いや、桃井かおりの独特で男っぽいセリフ回しが話題を呼んだ。また新人グループのパル(PAL)が歌う主題歌「夜明けのマイウェイ」もヒットし、当時ベストテン入りを果たした。劇中でも挿入歌として計9曲のパルの曲が使われている。根強いファンの運動もあって、2006年に初めてDVD化された。

オープニングには漫画家の倉多江美のイラストを使用、倉多作品に度々出てくるキャラクター「ゴミドリくん」も登場する。オープニングは5話から若干の変更が加えられた。

なお、沖縄テレビでは、日曜22:30-22:24に15日遅れで放送していた。

あらすじ[編集]

舞台は現在(放送当時の1979年)の代官山、浅井三姉妹が経営する老舗の洋食レストラン「ひまわり亭」。近隣に大手レストランチェーンが出店、更にコック・ウエイトレスが引き抜かれて経営の危機になってしまう。廃業を決意する次女の大石伸江(既婚)に対して、実質店長の男勝りな三女浅井なつみ(主人公・未婚)は新たなスタッフを募集する。集まったメンバーは腕は立つが気性が荒く店を転々と渡ってきたシングルファザーの堀田康吉(チーフ・コック)、やたら奥様料理に拘る伸江の夫の弟の大石常夫(コック)、バカップルな米沢誠(コック)と牧野真弓(ウエイトレス)と、個性豊かなメンバー。さらに天然のドジっ子で足を引っ張る長女の浅井朋子(離婚して出戻り)、なつみに片思いでいろいろとちょっかい出すケツニ、「ひまわり亭」の融資先の信用金庫に務める常夫の弟の大石満、なつみの親友で同居人の川村カツ子が加わりてんやわんや。なつみは「ひまわり亭」の再建に試行錯誤をするものの今回も結局赤字か・・・・

キャスト[編集]

  • 浅井なつみ(浅井家三女):桃井かおり
  • 川村カツ子(なつみの親友):研ナオコ
  • 堀田康吉(チーフ・コック):緒形拳
  • 浅井朋子(浅井家長女):八千草薫
  • 大石伸江(浅井家次女):結城美栄子
  • 大石定夫(伸江の夫・大石家長男 / ひまわり亭に同居し最寄駅勤務):犬塚弘
  • 大石常夫(大石家の次男 / コック):赤塚真人
  • 大石満(大石家の三男 / 信用金庫勤務):神田正輝
  • 米沢誠(コック):秋野太作
  • 牧野真弓(ウエイトレス):岸本加世子
  • 野村和子(ウエイトレス):左時枝
  • 前橋一男(なつみの幼馴染 / 通称ケツニ):峰竜太
  • 堀田タカシ(康吉の息子):熊谷康二
  • 大石久美子(伸江と定夫の娘):牛崎照美
  • 森本(レストラン・スター支店長):高橋長英

スタッフ[編集]

主題歌&サウンドトラック盤[編集]

主題歌[編集]

サウンドトラック盤[編集]

  • 「カリフォルニア・グレープフルーツ、フレッシュ・オレンジ・ジュース」パル(キングレコード
  1. カリフォルニア・グレープフルーツ、フレッシュ・オレンジ・ジュース etc. (Introduction)
  2. 夜明けのマイウェイ
  3. 灯りを消して…
  4. ラジコン・ブルース
  5. 噴水のある風景
  6. プリテンダー
  7. 街 〜南代官山一丁目〜
  8. カリフォルニア・グレープフルーツ、フレッシュ・オレンジ・ジュース etc.
  9. 孤独なフリッパー
  10. AY YAI YAI YAI
  11. ラジコン・ブルース (Ending)

放送リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 ゲスト
1 1979年
10月13日
わたしが来たから安心よッ 鎌田敏夫 吉野洋
2 10月20日 人生はキャッチボールよ
3 10月27日 株式会社"ひまわり亭"よ! 金子成人 和沢昌治池田まさる園田裕久
4 11月3日 青春はマラソンダンスよ 猪又憲吾 パル、大矢兼臣
5 11月10日 南代官山戦争! 鎌田敏夫 池田義一 高橋長英西田健
6 11月17日 オレンジシャーベットサービスよ 猪又憲吾 吉野洋 加藤嘉近藤宏草間正吾
7 11月24日 男は女のお荷物よ 柏倉敏之 池田義一 内藤武敏
8 12月1日 涙ながらのラジコンブルースよ 清水邦夫 吉野洋 高橋長英
9 12月8日 やせたい人への特製ランチよ 鴨井達比古 滝田ゆう石濱朗
10 12月15日 またメチャメチャになっちゃうよ 鎌田敏夫 池田義一 小林昭二緋多景子大塚博堂
11 12月22日 ノゾキの心理わかるわよ 清水邦夫 吉野洋 浜村純
12 12月29日 誰かが私を愛してたのよ 鎌田敏夫 川口敦子牧よし子うえだ峻高月忠
13 1980年
1月5日
'80年バラ色の夜明けよ 池田義一 高田敏江
14 1月12日 休日はさまよえる青春よ 那須真知子 赤座美代子
15 1月19日 男と女はあの一瞬よ 猪又憲吾 吉野洋
16 1月26日 わたしを犯人にしないでよ 鴨井達比古 池田義一
17 2月2日 結婚行進曲が聞えてくるわよ 清水邦夫 吉野洋 高橋長英
18 2月9日 私の占い、凶と出たのよ 鎌田敏夫 池田義一
19 2月16日 女を売りものにしないわよ 那須真知子 吉野洋 熊谷美由紀
20 2月23日 オトコも自立しなさいよ 鎌田敏夫 雨宮望 木内みどり
21 3月1日 今日は涙のお見合い日よ 鴨井達比古 吉野洋 立石凉子佐々木すみ江
22 3月8日 さみしい女王様はゴメンだよ 那須真知子 池田義一
23 3月15日 女の好奇心が燃えたのよ 清水邦夫 吉野洋 竜崎勝
24 3月22日 今回は、愛の告白大会よ 鎌田敏夫
25 3月29日 みんな、みんな、やさしかったよ

エピソード [編集]

  • 安倍なつみは、安倍の母親がこのドラマのファンであったことから、主人公・浅井なつみにちなんで「なつみ」と名付けられた。
  • 爆笑問題の二人ともこのドラマのファンであった。日大在学中に後に太田光夫人となる松永光代にその話をしたところ「私、その番組に出てた」との返事に二人とも驚いたという。ただし、本編中に出演が確認できるシーンは無い。


日本テレビ 土曜グランド劇場
前番組 番組名 次番組
ちょっとマイウェイ