エリック・ドルフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エリック・ドルフィー
Eric Dolphy
出生名 エリック・アラン・ドルフィー
生誕 1928年6月20日
カリフォルニア州ロサンゼルス
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 (1964-06-29) 1964年6月29日(36歳没)
ドイツの旗 ドイツ ベルリン
ジャンル ジャズ
Avant-garde jazz
職業 バンドリーダー
作曲家
サイドマン
担当楽器 アルトサクソフォーン
フルート
バスクラリネット
活動期間 1949年 - 1964年
レーベル プレスティッジ
ブルーノート
共同作業者 チャールズ・ミンガス
オーネット・コールマン
ブッカー・リトル
ジョン・コルトレーン

エリック・ドルフィーEric Dolphy1928年6月20日 - 1964年6月29日 )は、ジャズのマルチ・ホーン・プレイヤーで、バスクラリネットアルト・サックスフルートを吹いたほか、普通のクラリネットやピッコロも吹いた[1]アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれ。

卓越した技巧と独特のアドリブフレーズで知られる。

それまでクラシックにおいて使用されるのが主だったバスクラリネットジャズの独奏楽器として用いたことは、後のジャズ奏者に多大な影響を与えた。

彼の独特な音楽観から、時にフリー・ジャズに分類されることもあるが、基本的には音楽理論に則りアドリブを展開していくスタイルである。

略歴[編集]

1928年、ロサンゼルスに生まれる。ジュニア・ハイスクール時代より音楽に親しみ、クラリネットに始まり、アルト・サックスを演奏するようになる。大学では音楽学を専攻する。48~49年にかけて、ロイ・ポーター楽団に所属、さらに50~52年にかけてのアーミー・バンド時代を経て、ジェラルド・ウィルソン、バディ・コレットらのバンドに加わり全米各地を演奏旅行した。

1958年、チコ・ハミルトン楽団に参加。その後チャールズ・ミンガス楽団に加わる。同時にソロ活動も開始した。

1961年にトランペット奏者ブッカー・リトルとの双頭コンボを組むも、同年10月のリトルの急逝で頓挫。1961年~62年まで、ジョン・コルトレーンのグループに参加し、1964年には再びミンガス楽団に加わった。

同年夏、ミンガス楽団のヨーロッパツアーに参加中、糖尿病による心臓発作のため、西ベルリンにおいて客死。享年36歳であった。遺品となったバスクラリネットとフルートは、ドルフィーの両親からコルトレーンに贈られた。

ディスコグラフィ[編集]

存命中の作品[編集]

  • 惑星 →(改題)アウトワード・バウンド - Outward Bound(1960年4月録音)(New Jazz/Prestige) 1960年
  • アウト・ゼア - Out There(1960年8月録音)(New Jazz/Prestige) 1960年
  • ファー・クライ - Far Cry(1960年12月録音)(New Jazz/Prestige) 1962年
  • アット・ザ・ファイブスポットVol.1 - At the Five Spot, Vol. 1(1961年7月録音)(New Jazz/Prestige) 1961年(ライヴ)
  • アウト・トゥ・ランチ - Out to Lunch!(1964年2月録音)(Blue Note) 1964年

没後作品[編集]

  • ラスト・デイト - Last Date(1964年6月録音)(Fontana/Limelight) 1964年(ヒルフェルスムにおけるラジオ番組の事前収録)
  • アット・ザ・ファイブスポットVol.2 - At the Five Spot, Vol. 2(1961年7月録音)(Prestige) 1964年
  • ブッカー・リトルと共同名義, メモリアル・アルバム - Memorial Album Recorded Live At the Five Spot(1961年7月録音)(Prestige) 1964年
  • エリック・ドルフィー・メモリアル・アルバム - The Eric Dolphy Memorial Album(1963年7月録音)(Vee Jay) 1964年
    のち(改題)カンヴァセイションズ - Conversations (Vee Jay) 1967年
  • イン・ヨーロッパVol.1~Vol.3 - Eric Dolphy in Europe, Vols. 1-3 (Prestige) 1965年
  • ヒア・アンド・ゼア - Here and There(1960年4月~1961年9月録音)(Prestige) 1966年(未発表作品コンピレーション)
  • アイアン・マン - Iron Man(1963年7月録音)(Douglas/Epic) 1968年
  • ロン・カーターと共同名義, マジック - Magic (Prestige) 1975年(ファー・クライとロン・カーターのアルバムをカップリング)
  • ステイタス - Status (Prestige) 1977年
  • ファイアー・ワルツ - Fire Waltz(1960年6月、1961年7月録音)(Prestige) 1978年(客演したふたつのアルバムをカップリング)
  • ベルリン・コンサート - Berlin Concerts(1961年8月録音)(Inner City/enja) 1978年
  • ストックホルム・セッションズ - Stockholm Sessions(1961年9月、11月録音)(enja) 1981年
  • カルテット1961 - Quartet 1961(1961年12月録音)(Musidisc) 1981年
    のち Softly, As In A Morning Sunrise (Natasha Imports) 1992年
  • ダッシュ・ワン - Dash One(1960年4月~1961年7月録音)(Prestige) 1982年(未発表作品コンピレーション)
  • ヴィンテージ・ドルフィー - Vintage Dolphy(1962年3月、1962年4月、1964年3月録音)(GM Recordings/enja) 1986年
  • アザー・アスペクツ - Other Aspects(1960年7月~1964年3月録音)(Blue Note) 1987年(未発表作品コンピレーション)
  • ネイマ - Naima(1960年11月、1964年6月録音)(Jazzway) 1987年 のちCD化 (West Wind) 1991年(ORTFラジオ番組のための収録)
  • Unrealized Tapes(1964年6月録音)(West Wind) 1988年
    のち(改題)ラスト・レコーディングス - Last Recordings (West Wind/DIW) 1988年
  • キャンディッド・ドルフィー - Candid Dolphy(1960年10月~1961年4月録音)(CANDID) 1989年(未発表作品コンピレーション)
  • ライヴ・イン・ニューヨーク - Live In New York(1962年10月録音)(Stash) 1990年(ライヴ ハービー・ハンコックが参加)
  • コンプリート・ウプサラ・コンサート - The Complete Uppsala Concert(1961年9月録音)(Jazz Door) 1993年
    のち (Gambit) 2005年(ウプサラにおけるライヴ 2 CD)
  • ホット&クール・ラテン - Hot & Cool Latin(1958年5月、1960年~1961年録音)(Blue Moon) 1996年(チコ・ハミルトン・カルテット所属時期の最後のライヴとラテンジャズ・カルテットとの共演のカップリング)
  • 伝説のイリノイ・コンサート - The Illinois Concert(1963年3月録音)(Blue Note) 1999年(ライヴ ハービー・ハンコックが参加)
  • チャールズ・ミンガス・ゼクステットと共同名義, コーネル1964 - Charles Mingus Sextet with Eric Dolphy Cornell 1964(1964年3月録音)(Blue Note) 2007年(コーネル大学におけるライヴ 2 CD)
  • コンプリート・ラスト・レコーディングス:ヒルフェルスム&パリ1964 - The Complete Last Recordings: In Hilversum & Paris 1964(1964年5月、6月録音)(Domino) 2010年(2 CD 非公式コンピレーション)

サイドマン作品[編集]

チャールズ・ミンガスの『ミンガス・プレゼンツ・ミンガス(Charles Mingus Presents Charles Mingus)』(1960年)や『タウン・ホール・コンサート(Town Hall Concert)』(1964年)、
オーネット・コールマンの『フリー・ジャズ(Free Jazz: A Collective Improvisation)』[2](1961年)、
オリヴァー・ネルソンの『ブルースの真実[3](The Blues and the Abstract Truth)』(1961年)、
ジョージ・ラッセルの『エズゼティックス(Ezz-thetics)』(1961年)、
ジョン・コルトレーンの『オーレ!コルトレーン』(1961年)や『ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』(1962年)、
アンドリュー・ヒルの『ポイント・オブ・ディパーチャー[4]Point of Departure)』(1965年)などがある。

脚注[編集]

  1. ^ 油井正一 『ジャズ:ベスト・レコード・コレクション』 新潮社〈新潮文庫〉、1986年、236頁。ISBN ISBNコード。
  2. ^ 『ファー・クライ』と同日(1960年12月21日)録音。
  3. ^ 旧邦題は『マーチ・オン』。
  4. ^ 旧邦題は『離心点』。

参考文献[編集]

  • 油井正一「後期の巨人たち」『ジャズの歴史物語』スイングジャーナル社、1972年。
  • ウラジミール・シモスコ、バリー・テッパーマン『エリック・ドルフィー』間章訳、晶文社、1975年。ISBN 4794951787
  • 植草甚一「エリック・ドルフィーと三人のトランぺッターのレコードをめぐって」『ジャズ・エッセイ2』河出書房新社〈河出文庫〉、1983年。ISBN 4309470351
  • 原田和典「美は乱調にあり:“一聴猛毒”の冒険者たち」『世界最高のジャズ』光文社〈光文社新書〉、2006年8月。ISBN 4334033679
  • 間章「エリック・ドルフィ試論:不可能性と破片」『〈なしくずしの死〉への覚書と断片』月曜社、2013年。ISBN 4865030085