油井正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

油井 正一(ゆい しょういち、1918年8月15日 - 1998年6月8日)は、日本ジャズ評論家。1950年代から晩年まで、日本のジャズ評論の第一人者と評される活躍をした[1][2]

経歴[編集]

横浜市生まれ。1924年神戸市へ移り、同地で育つ。兵庫県立第三神戸中学校を経て、慶應義塾大学法学部に学び1941年に卒業した。ジャズへの関心は学生時代からのもので、当時から既にレコードの収集、ジャズ評論の執筆を始めていた[1]。戦時中は兵役に就き、前橋陸軍予備士官学校から東部22部隊へ配属され[3]、将校として高射砲部隊にいた[4]。戦後は評論活動を再開し、神戸で朝比奈次郎と名乗り、1952年に開局したラジオ神戸(現・ラジオ関西)で「ジャズ・アメリカーナ」という番組を担当し、選曲にもあたった[5][6] 1955年に神戸から上京し、評論家としての本格的な活動に入った[1]

雑誌等への執筆の他、ラジオ番組にも数多く出演し、親しみやすい語り口で「講談調」とも評された[7]1957年から1975年まで、NHKラジオ第2放送の『リズム・アワー』に定期的に出演してスウィング・ジャズを担当した[3]。また、1973年から1979年にかけてFM東京などで放送された『アスペクト・イン・ジャズ』は名番組と評された[8]

さらに大学の教壇にも立ち、東京藝術大学[3][9]桐朋学園大学[要出典]東海大学[10]などでジャズに関する講義を担当した。試験の答案には、ほとんどに90点以上の点をつけたとも伝えられている[4]

1996年には勲四等瑞宝章を受ける。1998年6月8日没、79歳没。

所蔵レコードの一部(およそ8,500枚)は、生前の1995年北海道新冠町レ・コード館に寄贈された[7]。また、没後の2003年には、レコードの他、書籍、原稿、音声資料など、遺品のジャズ関連資料1万点あまりが慶應義塾大学アート・センターに寄贈され、2011年から「油井正一アーカイヴ」として公開されている[2]

おもな著作[編集]

著書[編集]

  • 油井正一『ジャズの歴史』東京創元社〈music library〉、1957年6月。 のち1961年3月に改訂版。のち1969年9月に三訂版。のち1971年8月に増訂版。
  • 油井正一『ジャズの歴史物語』スイングジャーナル社、1972年12月。
    のち2009年8月にアルテスパブリッシングより新装復刊。のち2018年3月に角川書店〈角川ソフィア文庫〉。
  • 『ジャズ・クイズ・ブック』新興楽譜出版社、1977年4月。
  • 『ジャズ : ベスト・レコード・コレクション』新潮社新潮文庫〉、1986年5月。
  • マイケル・カスクーナとの共著『ブルーノートjazzストーリー』新潮社〈新潮文庫〉、1987年7月。
  • 『生きているジャズ史』シンコー・ミュージック〈文庫〉、1988年6月[11]。のち1998年12月に改訂版。
    のち2001年12月に単行本版。のち2016年9月にリットーミュージック〈立東舎文庫〉として再版。
  • 『ジャズ・ピアノ : ベスト・レコード・コレクション』新潮社〈新潮文庫〉、1989年7月。
  • 『油井正一のジャズ名盤物語 : ベーシック・コレクション126』共同通信社〈FM選書〉、1990年3月。のちリットーミュージックより再版、2017年6月。
  • 『JAZZ LADY’S VOCAL : CDで聞く女性ジャズ・ヴォーカリスト20人の魅力と名曲20』主婦の友社〈SHUFUNOTOMO CD BOOKS〉、1990年11月。
  • 『ジャズCDベスト・セレクション』新潮社〈新潮文庫〉、1992年8月。
  • 『ジャズ昭和史 : 時代と音楽の文化史』行方均編、DU BOOKS、2013年8月。(没後出版)
  • 『アスペクト・イン・ジャズ : 甦る100のジャズ・レコード評』音楽出版社〈CDジャーナルムック〉、2014年5月。(没後出版)

編著[編集]

  • 『モダン・ジャズ入門』油井正一、荒地出版社、1961年6月。
  • 『ディキシーランドジャズ入門』油井正一、荒地出版社、1962年5月。 のち1967年に再版。 のち1975年3月に増訂版。 のち1977年3月に5版。

訳書[編集]

  • ビリー・ホリデイ大橋巨泉と共訳 『黒い肌』 清和書院、1957年。
    のち改題『奇妙な果実 : ビリー・ホリデイ自伝』 晶文社、1971年。のち再版 1998年。
  • ヨアヒム・E.ベーレント著 『ジャズ : その歴史と鑑賞』 誠文堂新光社、1965年。
    のち新版『ジャズ:ニューオリンズからフリー・ジャズまで』1973年。
    のち改訂新版『ジャズ:ラグタイムからロックまで』1975年。
  • ヨアヒム・E.ベーレント著 『フォト・ストーリー・オブ・ジャズ』 講談社、1982年。

おもな出演[編集]

ラジオ[編集]

  • NHKラジオ第2「リズムアワー」(1957年~1975年)
  • FM東京「アスペクト・イン・ジャズ」(1973年~1979年)
  • ミュージックバード「アスペクト・イン・ジャズ」(2006年10月~毎週水曜22:00~23:00 アーカイヴ放送中)

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 生きているジャズ史 油井正一著”. 紀伊国屋書店BookWeb. 2012年6月15日閲覧。
  2. ^ a b 油井正一アーカイヴ”. 慶應義塾大学アート・センター. 2012年6月15日閲覧。
  3. ^ a b c プロフィール”. ロックウェル・レコード. 2012年6月15日閲覧。
  4. ^ a b “ジャズ評論家・油井正一さん(惜別)”. 朝日新聞(夕刊). (1998年6月17日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ “末広光夫さん ジャズプロデューサー:中(人に時あり)”. 朝日新聞(朝刊・兵庫). (1994年3月29日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ <インタビュー>末広光夫さん 活動半世紀超す音楽プロデューサー” (2009年2月23日). 2012年6月15日閲覧。初出は2008年1月28日付け神戸新聞朝刊の記事
  7. ^ a b 油井正一 Jazz コレクション”. レ・コード館. 2012年6月15日閲覧。
  8. ^ この番組の音源はFM東京には残っていなかったが、2006年に再放送の企画のためにネット上での呼びかけが行なわれたところ、当時エア・チェックされていた多数の録音が集った。仲宇佐ゆり (1996年10月18日). “(ラジオアングル)よみがえったジャズ名番組”. 朝日新聞(朝刊): p. 21  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  9. ^ ロックウェル・レコードのプロフィールでは最初に授業を担当したのは1970年とあるが、1973年とする記述もある。谷口文和. “ジャズ・ポピュラー音楽 第2回”. 谷口文和. 2012年6月15日閲覧。
  10. ^ 油井正一『ジャズの歴史物語』アルテスパブリッシング、2009年。ISBN 4903951200
  11. ^ 『ジャズの歴史』に基づいて部分削除、加筆したもの。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]