ブッカー・リトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブッカー・リトル
Booker Little
基本情報
出生名 ブッカー・リトルJr.
出生 1938年4月2日
テネシー州メンフィス
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 1961年10月5日(満23歳没)
ニューヨーク市
ジャンル ハード・バップ
アバンギャルド・ジャズ
担当楽器 トランペット
共同作業者 ジョニー・グリフィン
エリック・ドルフィー

ブッカー・リトルJr.Booker Little, Jr., 1938年4月2日 - 1961年10月5日)は、テネシー州メンフィスに生まれ、ニューヨーク州ニューヨーク市で亡くなったアメリカ合衆国ジャズトランペット奏者で作曲家

23歳で夭逝したにもかかわらず、ジャズへの重要な貢献を行った。スタイル的に見てリトルのサウンドは、クリフォード・ブラウンの演奏をルーツとしており、歯切れのよいアーティキュレーションや磨き抜かれたトーン、バランスのよいフレージングが特徴である。クリフォード・ブラウンの後に独自のサウンドを開発した最初のトランペット奏者のひとりと見なされている。

略歴[編集]

シカゴ音楽院に学び(195658年)、この間ジョニー・グリフィンら地元の主要なミュージシャンと共演した。ニューヨークへ移った後、ドラマーマックス・ローチや、マルチ・インストゥルメンタリストの名手エリック・ドルフィーと共演するようになり、サイドマンやリーダーとして彼らとレコーディングを行なった。1960年12月21日に録音されたドルフィのアルバム『ファー・クライ(Far Cry)』( New Jazz 8270 )に参加した後、翌1961年6月にニューヨークのジャズクラブ、ファイブスポットにドルフィと共同で出演し、ここからプレスティッジ・レコードによる三枚の古典的アルバムが誕生した[1]。50年代中頃のクリフォード・ブラウンに始まる「土着の」ビバップ・イディオムの表現拡大の可能性を示し始めたが、同年10月5日、尿毒症合併症によりニューヨークで急逝した。

ディスコグラフィ(リーダー作)[編集]

  • 1958 - Booker Little 4 + Max Roach (United Artists) - 『ブッカー・リトル・4・アンド・マックス・ローチ』
  • 1960 - Booker Little (Time) - 『ブッカー・リトル』
  • 1961 - Out Front (Candid) - 『アウト・フロント』(広く彼のベストワークと見なされている)
  • 1961 - Booker Little and Friend (Bethlehem) - 『ブッカー・リトル・アンド・フレンド』(死の数週間前のレコーディング、Victory and Sorrow として再発)

共演者[編集]


脚注[編集]

  1. ^ ドルフィー(&リトル)名義の下記三作品
    • At The Five Spot, Vol. 1 - 『アット・ザ・ファイヴ・スポット Vol.1』
    • At The Five Spot, Vol. 2 - 『アット・ザ・ファイヴ・スポット Vol.2』
    • Eric Dolphy & Booker Little Memorial Album - 『エリック・ドルフィー・メモリアル・アルバム』

参考文献[編集]

  • Booker Little Biography”. Allmusic. Scott Yanow. 2012年7月21日閲覧。
  • Sinclair, John and Robert Levin (1970). An Interview with Booker Little - Music & Politics. World
  • Booker Little Discography”. Jazz Discography Project. 2007年4月29日閲覧。
  • 『JAZZトランペット』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、154-155頁。ISBN 491555709X