変態家族 兄貴の嫁さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
変態家族 兄貴の嫁さん
監督 周防正行
脚本 周防正行
出演者 風かおる
山地美貴
大杉漣
音楽 周防義和
撮影 長田勇市
滝影志
編集 菊池純一
製作会社 国映
配給 新東宝映画
公開 日本の旗 1984年6月
上映時間 62分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

変態家族 兄貴の嫁さん』(へんたいかぞく あにきのよめさん)は、1984年公開の日本映画周防正行が監督・脚本を手がけた監督デビュー作。成人映画ではあったが、監督の周防は大好きな小津安二郎のカメラワークを再現、同監督へのオマージュに終始したという[1]

ストーリー[編集]

間宮家の長男・幸一と結婚した百合子は、夫の父や弟妹が暮らす実家で同居生活をはじめた。ところが義父はスナックのママに熱を上げ、義妹は風俗で働くようになり、義弟は万引きで警察の世話になってしまう。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 高崎俊夫 (2012年). “周防正行とユニット・ファイブの時代”. 高崎俊夫の映画アットランダム. 清流出版. 2014年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]