雨鱒の川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

雨鱒の川』(あめますのかわ)は、川上健一による日本小説。1990年刊。2004年磯村一路監督で映画化された。

概要[編集]

雄大な北海道を舞台に「初恋」「故郷」「母親の愛」を描いた作品。

絵を描くことが大好きな少年と、彼とだけは言葉がなくても心を通わせことができる耳の聞こえない少女。不器用だが実直に生きようとする2人に、さまざまな人間模様が交錯し、豊かな自然が広がる北海道を舞台に2人の初恋のゆくえが描かれる。

映画[編集]

2004年11月13日に劇場公開された。極一部を除き、ほとんどを北海道ロケで撮影された。

ヴァイオリニストミュージシャン葉加瀬太郎が、この作品で初の映画音楽に挑んでいる。

キャスト[編集]

  • 加藤心平 - 玉木宏:絵と雨鱒が好き。
  • 高倉小百合 - 綾瀬はるか:心平の幼なじみ。耳が聞こえず口も聞き難いが、心平とだけはコミュニケーションがとれる。
  • 川嶋英蔵 - 松岡俊介:小さい頃から、小百合に思いを寄せる。
  • 井上美香 - 伊藤歩:心平の小学校の同級生。東京の画廊に勤める。
  • 佐々木先生 ‐ マギー:心平たちの小学校時代の担任。
  • 高倉松子 - 星由里子:士郎の母。昔、秀二郎とつながりがあった。
  • 田崎秀二郎 - 柄本明:幻の魚「イトウ」を追う世捨て人。
  • 小百合の母 ‐ 宮田早苗
  • 高倉士郎 - 阿部寛:小百合の父。高倉酒造社長。登山で沙月の夫に助けられるが、それが原因で沙月の夫は死亡している。
  • 吉沢社長 ‐ ベンガル
  • 加藤沙月 - 中谷美紀:心平の母。夫に先立たれ、一人で残された畑を守っている。
  • 本田大輔永倉大輔小形雄二神戸浩坂田記

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]