タルト (郷土菓子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛媛松山の郷土菓子としてのタルト

当項目で解説するタルトは薄く焼いた、もしくは焼いてスライスしたカステラ生地でを巻いて作るロールケーキ状の菓子であり、愛媛県松山市郷土菓子である。

愛媛県、特に松山市周辺では菓子としての意味で「タルト」と言った場合は特に説明を必要とせずこの郷土菓子を指すが、洋菓子としての「タルト」と区別するため、愛媛タルトあるいは道後松山タルト松山タルト等と地名を冠して呼ばれることがある。

概要[編集]

タルトといえば、通常は「皿状にした生地にフルーツなどを盛り付ける焼き菓子」の方のタルト (tarte) を指すが、愛媛県では主にこの郷土菓子を指す(後述の#歴史を参照)。

茶菓子として供されるほか、土産品、贈答品としても用いられる。

語源[編集]

発音の一致からオランダ語でケーキを意味する「taart」を由来とする説や[1]、製法が似通っていることからポルトガル語でケーキを意味する「torta」説が提唱されている[2]。いずれにせよ、これらの語(taarttortatarte)はすべて「焼き菓子」に相当するラテン語tōrtaに由来する(詳しくはトルテを参照のこと)。

歴史[編集]

この「タルト」は松山藩主・松平定行によって長崎から伝えられた。

長崎探題職を兼務していた定行は正保4年(1647年)、ポルトガル船2隻が長崎に入港したとの知らせで長崎に向かい、海上警備にあたった。結局のところ、ポルトガル船は国の統治者が代わったこと(ブラガンサ王朝の成立)を伝えるだけだったため港湾内で争いは無く、この際に定行は南蛮菓子に接しその味にいたく感動し、製法を松山に持ち帰ったといわれている。その南蛮菓子はカステラの中にジャムが入ったものであった(現在のロールケーキのようなものであったと推測される)。

現在の餡入りのタルトは定行が独自に考案したものと考えられている。その後久松松平家の家伝とされ、明治以降、松山の菓子司に技術が伝わり、愛媛の銘菓となった。

なお、熊本県天草地方牛深市や、隣接する鹿児島県長島町には、このタルトの上に赤に着色したすあまを巻いたあかまきと呼ばれる菓子があるが、こちらはカステラ生地ではなくスポンジ生地であり、また「の」の字でない。

作り方[編集]

生地についてはカステラを参照のこと。カステラを薄く作るか、大きく作ったものをスライスする。それに餡を塗り「の」の字に巻いて完成である。

主なメーカー[編集]

長い棹状の商品が主流であったが、食べやすいように一口サイズに切り分けたものや1個ずつ包装した商品なども登場している。また、他の銘菓との詰め合わせも販売されている。柚子餡だけでなく、入りや伊予柑風味の商品もある。南予地方では紅餡の物も作られている。

また松山では長く一六本舗六時屋の2社が製造してきた経緯があり、この2社のものが土産物・贈答品としてもよく用いられている。特に一六本舗のものは有名であり、愛媛県外では一六タルトの名称でよばれることもある。また、ハタダの栗タルトも、本社工場のある新居浜市を中心に販売店の多い愛媛県東予地方や香川県での知名度が高い。いずれも味に各社の個性がある。

現在製造している主なメーカーは以下の通り。

  • 一六本舗 - 柚子餡は風味も良くブランドイメージが定着し広く県外にも知られている。「四国銘菓一六タルト」を標榜している。
  • 六時屋 - 愛媛県下においては一六同様にブランドイメージが定着している。
  • ハタダ - タルトにはじめて栗を入れたハタダの栗タルトは世界食品コンクール・モンドセレクションで金賞を受賞している。
  • 亀井製菓 - 伊予柑をゼリー状にしたものを巻いたいよかんタルトが有名である。
  • あわしま堂 - 比較的廉価なタルトを作っている。愛媛県外のスーパーなどでもここのタルトが購入できる。
  • うつぼ屋 - 「坊っちゃん団子」でも有名。切り方はやや厚い。
  • 阿里弥 - 伊予柑、抹茶、りんご、チョコの4種のカステラで粒餡を巻いたオリジナルのミニタルト「俳果羅タルト」を扱っている。
  • イソップ製菓 - 上記各メーカーと異なり、熊本県で生産している。またカステラ生地を表にして巻いている。

参考文献[編集]

  1. ^ 大辞泉小学館[1]大辞林三省堂[2]
  2. ^ 「文化愛媛」51号・57号(愛媛文化振興財団)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]