加藤和夫 (言語学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 和夫(かとう かずお、1954年 - )は、日本言語学者方言研究者金沢大学名誉教授。

人物[編集]

福井県武生市(現越前市)生まれ、石川県金沢市在住。福井県立武生高等学校福井大学教育学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科国文学専攻修士課程修了。東京都立大学人文学部助手和洋女子短期大学国文科(和洋女子大学国文学科兼担)講師、助教授を経て、1991年金沢大学教育学部助教授、2002年金沢大学教育学部教授。2008年4月より大学改組に伴い金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系(人間社会学域国際学類)教授。2014年4月より2018年3月まで金沢大学人間社会学域国際学類長。2020年3月金沢大学を定年退職。2020年4月より金沢大学名誉教授。現在、金沢大学人間社会学域金沢学院大学文学部仁愛大学人間学部、加賀看護学校、北國新聞文化センター日本語教師養成講座(420時間講座)で非常勤講師を務める。


専門は日本語学方言学社会言語学北陸方言の記述的・社会言語学的研究を主な研究テーマとしている。金沢大学着任後は教育学部で国語教師養成、さらに2000年4月からは教育学部日本語・日本文化教育コース、2008年4月からは国際学類日本・日本語教育コースで外国人のための日本語教師養成に携わる。1999年以来、民間の日本語教師養成講座の講師も担当している。

石川・福井両県の方言を中心とした北陸方言の専門家として知られ、石川県内では2003年4月以来、長く北陸放送ラジオに月1回出演し、日本語日本語の方言について話している。小松市の「広報こまつ」に1998年4月から2017年3月まで228回、毎月小松方言に関するコラムを連載した。白山市白峰(旧白峰村)の白峰弁を活かした活動(白峰方言大会、白峰方言検定)に協力するなど、方言研究を通じた地域貢献にも積極的に取り組んでいる。2013年1月からは週1回、「北國新聞」に連載の「マジ やばっ 方言学」(1月〜7月)、「マチかど方言学」(8月〜2014年12月)の監修を務めた。

2011(平成23)年度(第32回)金沢市文化活動賞受賞。

主な著書[編集]

  • 『どうなる日本のことば―方言と共通語のゆくえ―』(共著 大修館書店 1999)
  • 『お国ことばを知る 方言の地図帳』(共著 小学館 2002)
  • 『新 頑張りまっし金沢ことば』(監修 北國新聞社 2005)
  • 『概説日本語学 改訂版』(共著 明治書院 2007)
  • 『<方言学習教材シリーズ1> みんなで学ぼう!金沢ことば』(科研費報告書 2007)
  • 『北陸方言の地理的・年齢的分布(北陸グロットグラム)』(科研費報告書 2011)
  • 『県別 罵詈雑言辞典』(共著 東京堂出版 2011)
  • 『県別 方言感情表現辞典』(共著 東京堂出版 2015)
  • 『みまっし、きくまっし 小松の方言』(単著 小松市広報秘書課 2017)
  • 『県別 方言感覚表現辞典』』(共著 東京堂出版 2018)
  • 『方言の地図帳』(共著 講談社学術文庫 2019)などがある。

メディア関係[編集]

北陸放送ラジオの平日朝の帯番組「あさダッシュ!」内のコーナーの1つである「ねたのたね」においてコメンテーター(月1回出演)として日本語や方言について話している。2004年11月から2011年3月まで北陸放送ラジオで放送された方言コーナー「典子のそこやとこ!!」の監修。石川テレビキャラクターグッズ『石川さん金沢弁かるた』監修。

関連項目[編集]