同愛記念病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 同愛記念病院
同愛記念病院外観
情報
正式名称 社会福祉法人同愛記念病院財団 同愛記念病院
英語名称 The Fraternity Memorial Hospital
標榜診療科 内科、神経科、精神科、小児科、外科、整形外科、形成外科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、放射線科、麻酔科、アレルギー科、リハビリテーション科、歯科
許可病床数

425床
一般病床:395床



療養病床:30床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
開設者 社会福祉法人同愛記念病院財団
管理者 河村毅(院長)
開設年月日 1929年6月15日
所在地
130-8587
東京都墨田区横網二丁目1番11号
位置 北緯35度41分59秒
東経139度47分40秒
二次医療圏 区東部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

社会福祉法人同愛記念病院財団 同愛記念病院(しゃかいふくしほうじんどうあいきねんびょういんざいだん どうあいきねんびょういん)は、東京都墨田区横網にある医療機関社会福祉法人同愛記念病院財団が運営する病院である。臨床研修指定病院

沿革[編集]

関東大震災の際にアメリカ合衆国から送られた義援金の一部を病院建設に充てたのが始まりである。義援金のうち700万円(当時)を使って運営母体である財団法人同愛記念病院財団を設置し、震災で甚大な被害を受けた本所区・深川区付近から建設候補地を選定し、本所区東両国(現在地)に病院を建設したことが病院の起源である。診療は無料を原則とするものであった。

第二次大戦時下の1945年4月1日に財団は病院を日本医療団に寄付し、同時に財団は解散。日本医療団はここを本部直轄の中央病院として経営した。終戦後、中央病院はGHQに接収される。1955年10月17日に接収は解除されるが、その後の譲渡等については日本赤十字社に譲渡する話もあったが日本医療団の清算方針に合致しないため実現せず、結局新しい法人である社会福祉法人同愛記念病院財団を設置し、そこに寄付する形をとった。新法人である社会福祉法人同愛病院記念財団は1955年2月24日に再建され、1956年3月30日までに病院の土地建物等の寄付を受けた。新病院は1956年4月16日に再発足した。その後、日本医療団は数回の援助金を支出している。

診療科[編集]

医療機関の指定等[編集]

  • 保険医療機関
  • 救急告示医療機関
  • 休日・全夜間診療事業実施医療機関(内科系、外科系)
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 精神保健指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 戦傷病者特別援護法指定医療機関
  • 原子爆弾被害者医療指定医療機関
  • 公害医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 臨床研修指定病院
  • 臨床修練指定病院
  • DPC対象病院
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 無料低額診療事業実施医療機関

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本医療団史』(日本医療団、1977年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]