千家元麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千家 元麿(せんげ もとまろ、1888年6月8日 - 1948年3月14日)は、日本の詩人。人道派的な詩人として知られる。新しき村の関係者。

経歴[編集]

出雲国造家当主の千家尊福の長男(庶子)として東京市麹町区(現・東京都千代田区麹町)三番町の父の別邸に生まれる。母は画家の小川梅崖(本名・豊子)[注釈 1]。浦和、静岡、麻布六本木の小学校を転じたのちに、慶應義塾幼稚舎から慶應義塾普通部に入り、寄宿舎に入ったが1年で退学し、東京府立第四中学校(現・東京都立戸山高等学校)に転校して、校長の自宅に預けられた。1904年(明治37年)学業に興味を失い実家に戻る。さらに家出事件を起こし、仙台に預けられるも半年ほどで東京に帰る。神田英語学校に入る。この頃、上野、浅草界隈に遊ぶ。また、『萬朝報』、『電報新聞』、『新潮』などに俳句、短歌の投稿を始める。吉井勇佐藤惣之助らと識り、詩は河井酔茗、短歌は窪田空穗、俳句は佐藤紅緑に師事し[注釈 2]、自らの号を、暮郎、銀箭峰と定めた。この頃、実家が芝公園の官舎から牛込に移る[1]1909年(明治42年)11月自由劇場の第1回試演であるイプセンの「ヨーン・ガブリエル・ボルクマン」を有楽座で観劇、関心の対象が歌舞伎から新劇に移る。チェーホフトルストイの作品を読む。1912年大正元年)10月、讀賣新聞社にて開催された「ヒュウザン會」(のちに「フュウザン會」の展覧会で木村荘八岸田劉生を知る[2]。11月日本洋畫協會出版部により千家の編集による雑誌『生活』創刊[注釈 3]。12月福士幸次郎、佐藤惣之助らとらと雑誌『テラコツタ』創刊。誌上で武者小路実篤の『世間知らず』を激賞し、武者小路に師事し、交流を開始する。1913年(大正2年)赤沢千代子と結婚[注釈 4]1914年(大正3年)1月佐藤とともに雑誌『エゴ』創刊[注釈 5]。同月「ゴッホに就て雑感」、脚本「熱狂した子供等」、詩「六号雑記」、7月脚本「家出の前後」、11月小説「罪」をいずれも『エゴ』に寄稿。1916年(大正5年)3月個人雑誌『善の生命』を創刊。東京市外巣鴨村新田の千家宅を発行所とする。8月長男宏誕生。10月、犬養健らとともに同人誌『生命の川』を創刊[注釈 6]。これには、尾崎喜八倉田百三高橋元吉らも参加した。1917年(大正6年)9月同人誌『愛の本』を創刊[注釈 7]。11月同誌に詩「車の音」「わが児は歩む」「野球」「初めて子供を」「自分は見た」「白鳥の悲しみ」など16篇を発表[3]

1918年(大正7年)1月父尊福死去。3月白樺同人作成の『白樺の森』に詩を7篇寄稿。5月第一詩集『自分は見た』を上梓[注釈 8]1919年(大正8年)9月詩集『虹』刊行[注釈 9]。同年、次男潔誕生。1920年(大正9年)2月中川一政宮崎丈二らと雑誌『詩』を創刊。10月同人詩集『麥』を創刊する[注釈 10]。この頃、ほかに『白樺』にも作品を発表した。1921年(大正10年)4月詩集『野天の光り』[注釈 11]、10月詩集『新生の悦び』を刊行。1922年(大正11年)3月室生犀星、佐藤惣之助、尾崎喜八百田宗治らと詩誌『嵐』を創刊。7月曠野叢書の一冊『夜の河』刊行[注釈 12]、8月現代詩人叢書の一冊『炎天』刊行。この頃、『日本詩人』にも寄稿。またこの年鎌倉大町に転居。1923年(大正12年)9月、鎌倉より横浜に転居するが、1週間目に関東大震災罹災。川崎の佐藤惣之助の家に一時寄寓。次に夫人の郷里である埼玉県飯能に移り、天覧山の麓に住む。この頃、中西悟堂を知る。1924年(大正13年)3月新しき村出版部より脚本集『冬晴れ 千家元麿短篇脚本選集』刊行。妻子を飯能に置いたまま、自身は大井町滝王子に住む。9月詩集『眞夏の星』刊行。1926年(大正15年)7月詩集『夏草』刊行。1927年昭和2年)東京市外長崎町五郎窪(現在・豊島区長崎)に転居。1929年(昭和4年)6月自伝的作品『昔の家 長篇叙事詩』刊行。この頃、下落合葛ケ谷、江古田2丁目へと移り住んだ。病気のため半年ほど病院入院。のち豊島区長崎町、長崎南町(現在・5丁目)と転居。以後10年ほど外出することなく過ごす[4]1931年(昭和6年)3月詩集『霰 詩集』刊行[注釈 13]。また、同年東京音楽学校編纂により発行された『新歌曲 第一輯』に千家作詞、橋本國彦作曲の「川」が掲載される。1936年(昭和11年)8月『蒼海詩集』刊行。1939年(昭和14年)長男宏が俳句雑誌『桃青』を創刊したことにより、若い人々と句作に熱中する。1943年(昭和18年)5月随筆集『詩・美・自然』刊行。この年、2人の子が応召する。1944年(昭和19年)長男ビルマにて戦死。1945年(昭和20年)5月飯能に近い吾野畑井に起居に不自由な夫人を疎開させ、長男の葬祭のため大社に赴く。1946年(昭和21年)3月夫人死去。4月疎開地より東京に戻る。7月次男復員。

1948年3月3日に食糧の買い出しに行った際に風邪をひき、気管支肺炎を発症したのち、3月14日に東京都豊島区長崎の自宅で死去[5]。17日武者小路実篤ら友人により自宅で葬儀。26日郷里である出雲大社にて実弟尊有による葬祭。千家家墓所に夫人の分骨とともに埋葬される[6]

著書[編集]

  • 『善の生命 第2集』(編)善の生命社 1916
  • 『自分は見た 詩集』玄文社 1918
  • 『虹』新潮社 1919
  • 『青い枝』以文社 1920
  • 『野天の光 詩集』新潮社 1921
  • 『家出の前後』叢文閣(現代劇叢書)1921
  • 『新生の悦び 詩集』芸術社 1921
  • 『太陽の愛 元麿詩選』隆文館 1921
  • 『夜の河 詩集』曠野社 1922
  • 『炎天』新潮社 現代詩人叢書 1922
  • 『詩集』宮坂栄一 1923
  • 『冬晴れ』新しき村出版部 1924
  • 『真夏の星』新作社 1924
  • 『千家元麿詩集』武者小路実篤選 新しき村出版部 1925
  • 『夏草』平凡社 1926
  • 『昔の家 長篇叙事詩』木星社書院 1929
  • 『千家元麿詩集』改造文庫 1930
  • 『霰 詩集』やぽんな書房 1931
  • 『蒼海詩集』文学案内社 1936
  • 『大東亜戦争戦曲集』扶桑閣(馬鈴薯叢書)1942
  • 『詩・美・自然』国民社 1943
  • 『千家元麿詩集』武者小路実篤編 一燈園 1949[注釈 14]
  • 『千家元麿詩集』武者小路実篤選 岩波文庫 1951
  • 『千家元麿詩集』尾崎喜八編 新潮文庫 1953
  • 『千家元麿全集』上下 弥生書房 1964
  • 『千家元麿全集』弥生書房 1964-1965[注釈 15]
  • 『千家元麿詩集』小海永二編 弥生書房(世界の詩)1968
  • 『千家元麿句集』皆美社 1981

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 両国にあった料亭「青柳」の長女。「千家元麿年譜」『日本詩人全集12 野口米次郎、川路柳虹、千家元麿、佐藤惣之助』新潮社、1969年 p.266
  2. ^ 佐藤紅緑主幹の俳句同人雑誌『トクサ』に佐藤惣之助とともに参加。千家元麿『詩・美・自然』國民社、1943年 p.368
  3. ^ 同月に創刊されたヒュウザン會の機関誌『ヒュウザン(のちフュウザン)』、『生活』、1914年創刊の『エゴ』といった白樺派主流を形成する同人誌を中心に岸田、木村、武者小路、長与善郎高村光太郎らと交流した。「千家元麿年譜」『日本詩人全集12 野口米次郎、川路柳虹、千家元麿、佐藤惣之助』新潮社、1969年 p.267
  4. ^ 埼玉県飯能の人。「千家元麿年譜」『日本詩人全集12 野口米次郎、川路柳虹、千家元麿、佐藤惣之助』新潮社、1969年 p.267
  5. ^ 武者小路実篤、岸田劉生、長与善郎も寄稿した。「佐藤惣之助年譜」『日本詩人全集12 野口米次郎、川路柳虹、千家元麿、佐藤惣之助』新潮社、1969年 p.348
  6. ^ 雑誌『善の生命』と雑誌『太陽の都』との合併による。「千家元麿年譜」『日本詩人全集12 野口米次郎、川路柳虹、千家元麿、佐藤惣之助』新潮社、1969年 p.267
  7. ^ 雑誌『生命の川』と雑誌『靑空』との合併による。「千家元麿年譜」『日本詩人全集12 野口米次郎、川路柳虹、千家元麿、佐藤惣之助』新潮社、1969年 p.267
  8. ^ 武者小路実篤の序文、岸田劉生による装幀。亡父尊福への献呈。「千家元麿年譜」『日本詩人全集12 野口米次郎、川路柳虹、千家元麿、佐藤惣之助』新潮社、1969年 p.267
  9. ^ 岸田劉生による装幀。武者小路実篤への献呈。
  10. ^ 千家、佐々木秀光、氷見七郎、横井國三郎、廣瀬操吉、柳橋好雄、佐藤惣之助、宮崎丈二の8名による。
  11. ^ 小泉鐵への献呈。
  12. ^ 清宮彬による装幀
  13. ^ 中川一政による装画。
  14. ^ 梅原龍三郎による装幀、扉と題字は中川一政、序文を長与善郎。
  15. ^ 編集は、武者小路実篤、中川一政、宮崎丈二、廣瀨操吉、耕治人山室静、千家潔。

出典[編集]

  1. ^ 千家元麿『詩・美・自然』國民社、1943年 p.371
  2. ^ 「千家元麿年譜」『日本詩人全集12 野口米次郎、川路柳虹、千家元麿、佐藤惣之助』新潮社、1969年 p.266
  3. ^ 「千家元麿年譜」『日本詩人全集12 野口米次郎、川路柳虹、千家元麿、佐藤惣之助』新潮社、1969年 p.267
  4. ^ 「千家元麿年譜」『日本詩人全集12 野口米次郎、川路柳虹、千家元麿、佐藤惣之助』新潮社、1969年 p.268
  5. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)p.179
  6. ^ 「千家元麿年譜」『日本詩人全集12 野口米次郎、川路柳虹、千家元麿、佐藤惣之助』新潮社、1969年 p.269

参考図書[編集]

  • 耕治人『詩人千家元麿 耕治人創作集』弥生書房、1957年。