坂口志文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
坂口 志文
(さかぐち しもん)
Shimon Sakaguchi cropped 2 Shimon Sakaguchi 201711.jpg
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
生誕 (1951-01-19) 1951年1月19日(67歳)
日本の旗 滋賀県長浜市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 医学
研究機関 スクリプス研究所
新技術事業団
京都大学
大阪大学
出身校 京都大学医学部卒業
京都大学大学院
医学研究科中途退学
主な業績 自己免疫反応を制御する
制御性T細胞の存在を証明
免疫関連疾患における
制御性T細胞の役割の解明
主な受賞歴 #受賞歴参照
プロジェクト:人物伝

坂口 志文(さかぐち しもん、1951年1月19日 - )は、日本の免疫学者医師大阪大学特任教授。滋賀県長浜市出身。過剰な免疫反応を抑える制御性T細胞の発見と免疫疾患における意義を解明したことで知られる。

略歴[編集]

地元の公立小中学校から滋賀県立長浜北高等学校を経て、1976年京都大学医学部医学科卒業、医師免許取得。1977年大学院を中退し、愛知県がんセンター研究所実験病理部門研究生となる[1]1983年医学博士(京都大学)。論文の題は「胸腺摘出によるマウス自己免疫性卵巣炎の細胞免疫学的研究 (Study on cellular events in postthymectomy autoimmune oophoritis in mice)」[2]1983年ジョンズ・ホプキンス大学客員研究員、1987年スタンフォード大学客員研究員などを経て、1995年東京都老人総合研究所免疫病理部門部門長。1999年京都大学再生医科学研究所生体機能調節学分野教授。2007年同大学再生医科学研究所・所長。2010年から大阪大学に移り、免疫学フロンティア研究センター教授。2012年米国科学アカデミー外国人会員。2013年大阪大学特別教授。2016年同特任教授。

受賞歴[編集]

[編集]

  1. ^ つなごう医療 〈この人〉 坂口志文さん(64) 中日新聞 2015年3月26日
  2. ^ 博士論文書誌データベースによる

出典[編集]

  • 「日本人名大辞典」2009年 講談社

外部リンク[編集]