佐久間左馬太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐久間 左馬太
さくま さまた
Sakuma Samata.jpg
生誕 1844年11月19日
日本の旗 日本長州藩
死没 (1915-08-05) 1915年8月5日(満70歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1872年 - 1915年
最終階級 陸軍大将
墓所 善導寺
テンプレートを表示

佐久間 左馬太(さくま さまた、天保15年10月10日1844年11月19日) - 大正4年(1915年8月5日)は、日本の陸軍軍人華族。栄典は正二位勲一等伯爵台湾総督東京衛戍総督近衛師団長等を歴任し、最終階級は陸軍大将に昇る。

経歴[編集]

長州阿武郡河添村(現:山口県萩市河添)にて長州藩士・岡村孫七の次男として生まれ、佐久間竹之丞の養子となる。奇兵隊に入隊し、大村益次郎の元で西洋兵学を学ぶ。

慶応2年(1866年第二次長州征伐の時には長州藩諸隊亀山隊大隊長として芸州口に従軍した。

戊辰戦争では棚倉二本松会津を転戦。維新後陸軍軍人となり、明治5年(1872年)陸軍大尉・西海鎮台付に任命される。

明治7年(1874年)2月佐賀の乱平定後、熊本鎮台参謀長に就任し台湾出兵に従軍。明治10年(1877年)の西南戦争には歩兵第6連隊長として参加した。明治14年(1881年)2月、陸軍少将・仙台鎮台司令官に進み、明治18年(1885年)5月には歩兵第10旅団長、明治19年(1886年)陸軍中将に進み翌年男爵に叙せられる。

明治27年(1894年)の日清戦争では第2師団長として出征し威海衛の攻略に当った。戦後の明治28年(1895年)5月、占領地総督に就任し、同年勲一等旭日大綬章を受章し子爵に陞爵。近衛師団長中部都督を経て明治31年(1898年陸軍大将に任ぜられる。一時休職したものの明治37年(1904年東京衛戍総督、明治39年(1906年)4月には台湾総督に就任し、市街地のインフラ、縦貫鉄道の全通、博物館の開設、阿里山森林の伐採、理蕃事業などに尽力した。これらの功績により勲一等旭日桐花大綬章を受章、明治40年(1907年)伯爵に陞爵する。大正4年(1915年)5月に退役、同年8月5日逝去。後を俊一が継ぐ。

年譜[編集]

第2師団長時代の佐久間。
  • 1872年(明治5年)4月8日 - 陸軍大尉初任
  • 1874年(明治7年)4月5日 - 熊本鎮台参謀長
  • 1875年(明治8年)4月14日 - 歩兵第6連隊長
  • 1878年(明治11年)11月21日 - 陸軍大佐昇進
  • 1881年(明治14年)2月7日 - 陸軍少将昇進仙台鎮台司令官
  • 1885年(明治18年)5月21日 - 歩兵第10旅団長
  • 1886年(明治19年)
    • 3月16日 - 仙台鎮台司令官
    • 12月23日 - 陸軍中将
  • 1887年(明治20年)5月23日 - 叙男爵
  • 1888年(明治21年)5月14日 - 第2師団長
  • 1895年(明治28年)
    • 4月5日 - 占領地総督
    • 8月20日 - 子爵陞爵
  • 1896年(明治29年)
    • 5月10日 - 近衛師団長
    • 10月14日 - 中部都督
  • 1898年(明治31年)9月28日 - 陸軍大将昇進
  • 1900年(明治35年)12月25日 - 明治34年陸軍始観兵式諸兵指揮官被仰付[1]
  • 1902年(明治35年)10月29日 - 休職
  • 1904年(明治37年)5月1日 - 東京衛戍総督
  • 1906年(明治39年)4月11日 - 台湾総督
  • 1907年(明治40年)
  • 1915年(大正4年)5月1日 - 台湾総督辞任・退役

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』1900年12月26日
  2. ^ 『官報』1907年1月31日 敍任及辭令
  3. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  4. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  5. ^ 『官報』第3746号「叙任及辞令」1895年12月21日。
  6. ^ 『官報』第7074号「叙任及辞令」1907年1月31日。
  7. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  8. ^ 『官報』第7874号「叙任及辞令」1909年9月21日

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目[編集]

軍職
先代:
中村重遠
熊本鎮台参謀長
第2代:1874年4月5日 - 1875年3月
次代:
渡辺央
先代:
柳篤信
歩兵第6連隊長
第4代:1875年4月14日 - 1881年2月7日
次代:
林隼之輔
先代:
四条隆謌
仙台鎮台司令官
第2代:1881年2月7日 - 1885年5月21日
次代:
曾我祐準
先代:
曾我祐準
仙台鎮台司令官
第4代:1886年3月16日 - 1888年5月12日
次代:
なし
先代:
なし
第2師団長
第1代:1888年5月14日 - 1895年4月5日
次代:
乃木希典
先代:
野津道貫
近衛師団長
第4代:1896年5月10日 - 1896年10月14日
次代:
黒木為楨
先代:
なし
中部都督
第1代:1896年10月14日 - 1902年10月29日
次代:
黒木為楨
先代:
なし
東京衛戍総督
第1代:1904年5月1日 - 1906年4月11日
次代:
川村景明