安藤利吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安藤 利吉
Ando Rikichi.jpg
『南支派遣軍』より
生誕 1884年4月3日
日本の旗 日本 宮城県仙台市
死没 (1946-04-19) 1946年4月19日(62歳没)
中華民国の旗 中華民国(国民政府) 上海
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1904 - 1940
1940 - 1945
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―大将.svg 陸軍大将
除隊後 中華民国政府に拘束、のち自決
テンプレートを表示

安藤 利吉(あんどう りきち、1884年明治17年)4月3日[1] - 1946年昭和21年)4月19日[1])は、日本陸軍軍人陸軍大将正三位勲一等功二級陸軍士官学校16期、陸軍大学校26期(恩賜)。最後の台湾総督(第19代)。

経歴[編集]

宮城県仙台出身。宮城県第二中学校を経て陸軍士官学校(16期)に進み、陸軍歩兵将校となる。陸軍大学校26期の卒業席次は6位[2]恩賜の軍刀を拝受[2]

イギリス大使館付武官の時に陸軍少将に進級し、日本に帰国して歩兵第1旅団長。陸軍中将に進級すると同時に第5独立守備隊司令官。教育総監部本部長、第5師団長、第21軍司令官を経て、1940年(昭和15年)2月10日、南支那方面軍司令官。同年6月に北部仏領インドシナへの進駐を指揮する(仏印進駐)。当初は政府方針に基づき武力に拠らない進駐を進める予定だったが、参謀本部第一部長富永恭次少将の独断により武力進駐となった。安藤はこの責任を負って10月に参謀本部付となり、1941年(昭和16年)1月に予備役に編入された。

同年11月に召集され、台湾軍司令官。1944年(昭和19年)1月7日、陸軍大将に親任される[3]。同年9月22日、新設された第10方面軍司令官。引き続き台湾軍司令官を兼ねる[4](台湾軍司令官は、昭和20年2月1日に「台湾軍管区司令官」と改称された[4])。同年12月30日、台湾総督を兼ねる。

日本が連合国に降伏した後の1945年(昭和20年)10月25日、中華民国政府及び連合国の代表である陳儀と、台湾総督 兼 第10方面軍司令官 兼 台湾軍管区司令官の安藤が、台北公会堂において降伏文書に調印した。その後中華民国政府に拘束され、1946年(昭和21年)4月19日に上海の監獄で服毒により自決した[1]

年譜[編集]

[5]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 20世紀日本人名事典『安藤 利吉』 - コトバンク
  2. ^ a b 秦 2005, pp. 545-611, 「陸軍大学校卒業生」
  3. ^ 昭和19年1月11日 陸軍異動通報」 アジア歴史資料センター Ref.C12120900200 
  4. ^ a b 秦 2005, p. 360, 「台湾軍司令官」
  5. ^ 秦 2005, p. 4, 「安藤利吉」

参考文献[編集]

  • 秦郁彦 編著 『日本陸海軍総合事典』(第2版) 東京大学出版会、2005年。 
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。