寄合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寄合(よりあい)とは、日本中世以降、郷村制における村の協議機関のことをいう。寺社や村役人の家で農事の規則や年貢の負担、村の経費の決算などが話し合われた。


寄合の種類[編集]

  • 初寄合
  • 村方寄合・重立寄合
  • 総寄合

関連項目[編集]

脚注[編集]