幕末の三舟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幕末三舟 三幅対(右:山岡鉄舟、中央:勝海舟、左:高橋泥舟

幕末の三舟(ばくまつのさんしゅう)は、幕末から明治時代初期にかけて活躍した幕臣である勝海舟山岡鉄舟高橋泥舟の3名の総称。

概要[編集]

幕末、徳川慶喜から戦後処理を一任された勝は、官軍の西郷隆盛との交渉役に高橋を推薦するが、高橋は遊撃隊(慶喜の身辺警護にあたる)の隊長を務めており、江戸を離れることができなかった。代わりに推薦されたのが、高橋の義弟にあたる山岡であった。

慶応4年3月9日1868年4月1日)、山岡は西郷との会談で、江戸城開城の基本条件について合意を取り付けることに成功した。その後、勝が単身で西郷と交渉、同年4月11日5月3日)、江戸城は無血開城されることとなる。

江戸を戦火から救った勝、山岡、高橋の名前にいずれも「舟」がつくことから、この3人を「幕末の三舟」と称するのである。

なお上記3名に木村芥舟、もしくは田辺蓮舟を加え「幕末の四舟」とすることもある[1][2]

関連文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 勝部真長編 『山岡鉄舟の武士道』 角川文庫 p.268
  2. ^ -ひとりごと 漂う花舟- 第86回 幕末の三舟 とうけい 東海経済新聞社

関連項目[編集]