朔平門外の変

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
推定事件現場と姉小路公知の推定足跡

朔平門外の変(さくへいもんがいのへん[1])は、江戸時代末期(幕末)の文久3年5月20日1863年7月5日)、尊王攘夷を唱える過激派公家として知られた姉小路公知右近衛少将、国事参政)が、禁裏朔平門外の猿ヶ辻[2](さるがつじ)で暗殺された事件。猿ヶ辻の変(さるがつじのへん)とも。一殿上人の暗殺に留まらず、当時の中央政局に大きな影響を与え、同年の八月十八日の政変が起きるきっかけにもなった。

※ 以下、本項における日付はすべて旧暦天保暦)によるものである。

姉小路公知暗殺事件[編集]

文久3年(1863年)5月20日午後10時頃、朝議を終え、宜秋門から退出して帰宅の途に付いた姉小路公知は、禁裏の築地を北周りに通り、朔平門外を越えたあたりで覆面をした刺客3人に襲われ、顔や胸部に重傷を負った[3]。ただちに自邸に搬送されたが、そこで絶命した。享年25。事件現場には、犯行に使われたとおぼしきと犯人のものと思われる木履が遺棄されていたという。

この事件が起きる以前にも、治安の弛緩や政局の激化に伴い江戸では桜田門外の変坂下門外の変といった政治的テロ事件が続発、また京都では「天誅」と称する要人襲撃事件が相次いでいた。しかし被害者の多くが幕府関係者ないし親幕府派と見られた公家武士地下人・学者などであり、加害者側が尊王攘夷過激派と思われるのに対し、朔平門外の変の場合、被害者の姉小路はむしろ当時の破約攘夷派の代表的存在であり、その点が異例であった。

事件の背景[編集]

暗殺された姉小路公知は破約攘夷派の若手公家で、長州藩土佐藩など出身の少壮志士から盟主として仰がれ、政局の中心に躍り出ていた人物であり、薩摩藩とつながりが深く親幕府的な公武合体派の前関白近衛忠煕や、親長州的な過激尊攘思想を好まない右大臣二条斉敬らと対立していた。

対外問題を巡る対立構造[編集]

この時期の政治状況は、しばしば「尊王攘夷派」と「公武合体派」との対立構造で語られることが多いが、いずれの派も尊王の志は有しており、国防意識という意味においての攘夷概念も少なからず持っていたため、「尊王」対「佐幕」や「攘夷」対「開国」などと単純に対極化できる性質のものではなかった。黒船来航から10年近く経過したこの時期には、すでに攘夷論そのものも変容ないし多様化していた。

一方で、異人斬りに代表される感情的な攘夷論や、その逆に積極的に国を開いて自由交易を行うべきであるとする単純開国論も依然存在したが、この文久期の現実的な攘夷派政治運動としては、幕府の結んだ通商条約を不可としてこれを即刻破棄し、和親条約の段階に戻って改めて外国との交際を仕切り直そうとする「破約攘夷論」(即今攘夷)と、むしろ外国との交易を通じて日本の国力を高め、その上で異国と堂々と対峙すべきとする「大攘夷論」(漸進的攘夷)の2つに集約されていた[4]。薩摩藩や越前藩などの公武合体派、暗殺される直前の姉小路に影響を与えた勝海舟などは後者に属した者であり、必ずしも明確な佐幕・開国論だったというわけではない。

前年まで公武合体的・大攘夷的な構想である航海遠略策を推進しながら、その主唱者である長井雅楽の失脚を境に大きく路線を変更した長州藩がこの時期藩是とした破約攘夷論は、通商条約の締結主体である幕府の外交代表としての正統性を否定するものであり、彼らにとっては幕府の権威を失墜させる有力な政治手段にもなり得た。一方、公武合体派は急激な体制の変化を望まず、大政委任論に従って国政を任された幕府が朝廷と緊密に連携することによって、非常事態を乗り越えようとしていた。そんな中、率兵上京という実力行使で公武合体・幕政改革(→文久の改革)の実を挙げた島津久光薩摩藩主の父)率いる薩摩藩と、長州藩との政局の主導権を巡る暗黙の対立は尖鋭化していた。姉小路公知は、前者に属する長州藩やそれに同調する土佐藩の一部勢力と結び、三条実美らと江戸へ下って将軍家茂の上洛を強要するなど、破約攘夷派の中核として知られるようになっていく。

文久2年(1862年)12月には朝廷国事掛が設置され、三条・姉小路らと親幕派公家との間の抗争が本格化する。翌年2月13日には公武合体派の九条尚忠(前関白)・久我建通(前内大臣)・岩倉具視らが失脚し[5]、同日に設置された国事参政・寄人の人事は三条・姉小路ら過激派が独占し、朝政を牛耳りつつあった。

孝明天皇の立場[編集]

ただし、過激派が崇敬する孝明天皇自体、外交面においては破約攘夷論者であると同時に、内政に関しては大政委任論をもって幕府の統治を強く支持しており、破約攘夷派・公武合体派双方にとって矛盾した存在であった。天皇は三条・姉小路や長州藩などの過激派にとって、攘夷論を盾に幕府を恐喝しうる最有力な手段であった(これが後に天皇の意図を矯めた勅旨が濫発される原因となる)が、当の天皇にとっては、過激派の主張するような幕府を頭越しにした天皇親征による攘夷の実行は全く想定になく、むしろ三条・姉小路ら従来の朝幕関係や朝廷社会の秩序を乱す公家らを忌避していた。その反面、公武合体派にとっては、天皇は幕府の支配権を保証してくれる大きな後ろ盾となっていたが、一方でその強硬な攘夷論は翻意させることができず、外交担当者を困惑させていた[6]。このようにどちらの勢力にとっても曖昧な存在であった天皇は、自派に有利な看板として争奪される対象の意味で「玉(ぎょく)」と呼ばれ、対立の激化の原因にもなっていた。

薩摩藩の急浮上[編集]

その点、寺田屋騒動で自藩士を含む過激派を粛清し、強引に公武合体策を推進しておきながら、一方で生麦事件を起こして攘夷派を狂喜させた島津久光は、その矛盾した行動ゆえに孝明天皇からの絶大なる信任を獲得し、中央政局での政治的地位を急速に上昇させていた。この時期の島津久光の同志である尊融親王(のちの久邇宮朝彦親王)も、公武合体派の重鎮として朝政における存在感を高めていく。これらの勢力が破約攘夷派の三条・姉小路らと激突するのは必然であり、姉小路暗殺も京都政局および孝明天皇を巡る主導権争いが背景にあると認識され、事件直後から薩摩藩の関与が噂された。

殺害犯の捜査[編集]

事件翌日、武家伝奏野宮定功は将軍家茂、京都守護職松平容保および在京中の大名[7]に対し、刺客を探索するよう命じた。将軍からも同様の沙汰が諸藩へ発せられ、また京都守護の任にあたる藩には禁裏九門に厳重な警備体制を布くよう命じている。

事件現場には、犯行に使われたと思われる刀が遺棄されていたため、その刀の所有者を割り出すことから捜査が始められた。凶器の刀は「奥和泉守忠重」の銘があり、薩摩風のであったため、当初から薩摩藩関連者の犯行と目されたが、薩摩藩側は逆に犯行現場にわざわざわかりやすい凶器を遺すというのは薩摩藩を陥れる謀略であると主張し、薩摩犯人説を否定していた。

容疑者・田中新兵衛の自害[編集]

事件2日後の22日、薩摩藩邸に潜伏していた土佐浪士の那須信吾が姉小路邸を訪れ、遺棄された刀が薩摩藩士田中新兵衛のものであると証言した。これを受けて姉小路家は、京都守護職・町奉行に対し、田中を犯人として告訴した。26日、武家伝奏坊城俊克および三条実美の依頼により、京都守護職の会津藩東洞院蛸薬師の田中の寓居を急襲し、田中新兵衛およびその場に居合わせた仁礼源之丞、下僕の太郎を逮捕し、坊城邸へ連行した。しかし会津藩は京都守護職の職掌上、容疑者の逮捕までは行ったが、薩摩藩との関係悪化を恐れ、拘留・取調は拒否した。

坊城は、京都町奉行永井尚志に命じて町奉行所に拘留させたが、田中は隙を見て奉行所内で自決してしまい、真相究明は不可能となった(なお仁礼は芸州藩邸、太郎は米沢藩邸に預けられた)。この責任を取り、永井は京都所司代牧野忠恭越後長岡藩主)に謹慎を申し出ている。田中の自殺により、真相は永遠に闇の中に埋もれることとなってしまった。現在でもなお事件の真犯人について諸説あるが、田中を実行犯とする説が最も有力である[8]。真の動機は不明ながら薩摩藩の意向とは関係なく、単独犯行として凶行に及んだと思われる。田中はこのころ精神不安でノイローゼ気味であったという証言もあり[9]、衝動的な犯行とみられる。

犯行の動機[編集]

田中が犯人であったとしても、上記のごとく自害してしまったため、はっきりとした動機は不明である。しかし、田中はそれまで島田左近九条家侍)・本間精一郎越後出身の志士)らの暗殺に関わったとされ、土佐藩の岡田以蔵と並ぶ過激派の刺客であり、それ故に同じ陣営である姉小路の殺害は一見不可解な行動のように見える。だが暗殺の動機は、姉小路の変節であったと見られる。姉小路はこの時期まで破約攘夷派の盟主として知られていたが、実は遭難する前月に大攘夷論に転じる動きがあったためである。

当時京都に上洛していた将軍徳川家茂が4月21日に摂海(大阪湾)巡視のため大坂へ下るに及び、破約攘夷派の間では、将軍が天皇との攘夷の約束を反故にして江戸へ帰るのではないかという疑念があった。そこで姉小路も将軍の動静を探るため、23日に破約攘夷派の志士たちを帯同して大坂へ下った。しかし大坂で幕府軍艦奉行並勝海舟と会談し[10]、世界情勢や海軍の必要性を懇々と説かれた姉小路は、勝の現実的な開国大攘夷論に大きく感銘を受け、これまで持っていた観念的破約攘夷の信条が動揺しはじめる。事件の約10日前である5月9日には、武家伝奏から幕府に対し、摂海防禦総督の任命や長崎に巨艦を製造するための製鉄所設置などを命令しているが、これは姉小路の影響によるものであろうと勝は推測している[11]。また事件翌日に姉小路暗殺を聞いた勝は「国家の大禍」と大いに嘆いた[12]

こうした姉小路の「変節」は、破約攘夷派内部でもごく一部にしか知られていなかったが、武市瑞山(土佐藩士)・轟武兵衛(熊本藩士)ら同派中心層は、姉小路が勝に籠絡されたと疑い、事態を深刻に受け止めていた[13]。以前から武市の命で要人襲撃に関わっていたとみられる田中新兵衛の耳にも入っていた可能性が高い。

変の影響[編集]

姉小路の変節はまだ広く知られておらず、破約攘夷派として暗殺されたと捉えられていた。実際、姉小路殺害の翌日には、姉小路の同志とみられた三条実美を名指しで脅迫する張り紙が、学習院の門に貼られていた[14]。このため姉小路殺害犯についても、破約攘夷派公家を忌避し、また彼等の後ろ盾たる長州藩の擡頭を快く思わない薩摩藩の仕業であるという見方が流布された。さらに田中新兵衛の自刃により、薩摩藩の立場はますます危うくなる。

疑念の目で見られた薩摩藩は禁裏九門の一つである乾御門警備の任から外され、さらに薩摩藩関係者の九門内往来が禁じられるなど次第に京都政局から排除されていく。このため薩摩藩およびその後ろ盾であった尊融親王の発言力も大きく後退した。こうして朔平門外の変は、結果的に姉小路という旗手を失ったはずの破約攘夷派勢力が、むしろ増長していくきっかけとなったのである。尊融親王までが6月5日には攘夷の先鋒となることを誓願し、破約攘夷派への迎合を見せる[15]など保身に走るようになった。

こうして孝明天皇と公武合体派の連絡が遮断された結果、三条らに牛耳られた朝廷では攘夷親征・大和行幸計画が企図され、天皇にとって本意ではない勅書が濫発されることになる[16]。危機を感じた孝明天皇は、5月29日に[17]重ねて島津久光に対し「上京して姦人(三条らを指す)を排除せよ」との密勅を下すが、久光は生麦事件の賠償問題がこじれてイギリスと係争中だったために、鹿児島を離れられなかった(7月2日に薩英戦争が勃発)。そこで上京できない島津久光に代わり、薩摩藩士高崎正風と尊融親王を中心に、孝明天皇の周囲から破約攘夷派を排除する計画が立てられ、京都守護職を務める会津藩を巻き込んで八月十八日の政変につながっていくことになる。

脚注[編集]

以下、史料引用文の旧字は新字に改めてある。

[ヘルプ]
  1. ^ 「さくべいもん」とも読む。『国史大辞典』(吉川弘文館)「朔平門」(朧谷寿執筆)
  2. ^ 事件当時の「猿ヶ辻」の位置と、現在の京都御苑内で「猿ヶ辻」の案内看板が立つ場所とはおよそ100メートルほど離れている。これは事件から数年後の慶応年間に、禁裏(御所)が北東方向に拡張されたことに伴って「猿ヶ辻」の位置も東に移動したことによる。現在「猿ヶ辻」の看板が立っている場所は、事件当時は有栖川宮邸の敷地であった(ページトップの地図を参照)。
  3. ^ 町田2009,147ページ、跡見花蹊『花蹊日記』など。
  4. ^ なお、この年後半には、八月十八日の政変などの政治的激動や、薩英戦争・四国艦隊下関砲撃事件など、外国軍との実際の衝突を受けて攘夷論はさらに変質し、横浜鎖港および兵庫(神戸)開港の是非が主な関心の対象となる。詳細は参預会議を参照。
  5. ^ 正月28日、千種有文(左近衛権少将)の臣賀川肇が尊攘派浪士に殺害され、その右手が千種邸へ、左手が岩倉邸へ脅迫状とともに投げ込まれた事件をきっかけとして、重き謹慎となった。公武合体の最大の成果である、和宮親子内親王の徳川家茂への降嫁を推進した中心勢力と目された千種・岩倉・久我・富小路敬直中務大輔)・今城重子(少将掌侍)・堀河紀子(右衛門掌侍。岩倉の妹)は反公武合体派若手公卿から「四奸二嬪」と称され、憎悪の対象となっていた。前年にはすでに四奸二嬪らは落飾・謹慎処分を受けていたが、反公武合体派公家の中山忠光が土佐藩の武市瑞山に殺害の助力を要請するなど対立は収まらなかった。
  6. ^ この時期、上洛していた将軍家茂は孝明天皇の攘夷祈願の賀茂神社行幸に供奉させられ、幕府は5月10日までの攘夷実行を約束させられている。
  7. ^ 上杉斉憲米沢藩主)、徳川茂承紀州藩主)、吉川経幹岩国藩主)が22日に沙汰を受けた。町田2009,146ページ。
  8. ^ 町田2007など。
  9. ^ 高崎正風『尊攘録探索書』「全ク発狂之様ニ相見候、其已前より言語も不揃」など。
  10. ^ 勝海舟『幕末日記』文久三年四月二十五日条「朝姉小路旅館に到り、面会。摂海警衛之事を問はる。答云、海軍にあらざれば本邦の警衛立がたし、云々。長談皆聞かる。即刻、順動船に駕して、兵庫港に到らるべき旨なり」。
  11. ^ 同前五月九日条「海軍ならびに器械製作の議、他年邦家の為に努力を尽せしに、一朝姉小路殿に説解せしに、公、英明之見を以て、終に奏聞を経られしによりけむ、今日此御沙汰を拝聴す。我が微衷、天朝に貫徹し、興国の基漸く立たんとす」。
  12. ^ 同前五月二十一日条「昨夜四ツ時、姉小路殿退朝の折、御築地の辺にて、何者やらむ、刃を振ふて胸間をさして逐てんすと云。此人朝臣中の人物にて、大に人望ありしが、何等の怨にやよりけん、此災害に逢はれし。小子輩此卿に附きて、海軍興起より、護国の愚策、奏聞を経て、既に御沙汰に及びしもの少なからざりしに、実に国家の大禍を致せり。歎息愁傷に堪へず」。
  13. ^ 『史談会速記録』での東久世通禧(当時姉小路の同志だった破約攘夷派公卿)発言。
  14. ^ 『官武通紀』(玉虫茂誼)「転法輪三条中納言。右之者姉小路と同腹にて、公武御一和を名として実は天下の争乱を好候者に付、急速に辞職隠居不致においては、不出旬日加天誅可令殺戮者也」。
  15. ^ 町田2009,153ページ、『七年史』など。
  16. ^ 八月十八日の政変後、孝明天皇自身が政変以前の勅書は本意でなかったことを認めてしまったため、かえって勅書の権威が低下し、以後も自派に「玉」を取り込んで勅書を発せんとする動きが盛んとなる。文久三年八月二十六日孝明天皇在京諸藩主宛宸翰「これ迄はかれこれ真偽不分明の儀これ有り候えども、去る十八日以後申し出で候儀は、真実の朕の存意に候あいだ、この辺諸藩一同心得違いこれなき様の事」。
  17. ^ 事件前の4月22日にもすでに同様の勅旨が久光に出されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]