加藤尚武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤 尚武(かとう ひさたけ、1937年5月18日 - )は、日本の哲学者京都大学名誉教授公立鳥取環境大学名誉学長(初代学長)。人間総合科学大学特任教授。元東京大学特任教授。東京出身。

ヘーゲル研究者であるが、シェリングなどドイツ観念論全般についての著述もある。1979年哲学奨励山崎賞受賞。

1980年代に〈バイオエシックス、生命倫理学〉を、日本に導入した。また近年は環境倫理についても積極的に発言を行っている。なお妻の姉は廣松渉の妻である。

略歴[編集]

略歴[編集]

職歴[編集]

  • 1968年 東京大学文学部助手
  • 1969年 山形大学教養部講師
  • 1970年 山形大学教養部助教授
  • 1972年 東北大学文学部助教授
  • 1982年 千葉大学文学部教授
  • 1994年 京都大学文学部教授
  • 1996年 京都大学大学院文学研究科教授
  • 2000年 紫綬褒章受章
  • 2001年 鳥取環境大学学長
  • 2007年6月-2008年3月 東京大学医学系研究科生命・医療倫理人材養成ユニット特任教授
  • 2011年 人間総合科学大学教授
  • 2013年 人間総合科学大学特任教授
  • 2012年秋、瑞宝中綬章叙勲。

学外における役職[編集]

  • 日本哲学会会長(1999年 - 2003年)

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ヘーゲル哲学の形成と原理――理念的なものと経験的なものの交差』(未來社 1980年
  • 『ジョーク哲学史』(河出書房新社、1983 のち文庫 1988年
  • 『バイオエシックスとは何か』(未來社 1986年
  • 『21世紀への知的戦略――情報・技術・生命と倫理』(筑摩書房 1987年
  • 『ジョークの哲学』講談社現代新書 1987年)
  • 『人間通になるためのことわざ学入門』(PHP研究所 1988.11)
  • 『世紀末の思想 豊かさを求める正当性とは何か』(PHP研究所 1990.7)
  • 『形の哲学――見ることのテマトロジー』(中央公論社 1991年)、「「かたち」の哲学」岩波現代文庫、2008年 
  • 『環境倫理学のすすめ』丸善ライブラリー 1991年)
  • 『哲学の使命――ヘーゲル哲学の精神と世界』(未來社 1992年)
  • 『ヘーゲルの「法」哲学』(青土社 1993年)
  • 『進歩の思想・成熟の思想――21世紀前夜の哲学とは』(PHP研究所 1993年) 講談社学術文庫 1997年
  • 『21世紀のエチカ――応用倫理学のすすめ』(未來社 1993年)
  • 『倫理学の基礎』(放送大学 1993年)
  • 『応用倫理学のすすめ』(丸善ライブラリー 1994年)
  • 『倫理学で歴史を読む――21世紀が人類に問いかけるもの』(清流出版 1996年)
  • 『技術と人間の倫理』(日本放送出版協会・NHKライブラリー 1996年)
  • 『現代を読み解く倫理学 応用倫理学のすすめ2』(丸善ライブラリー 1996年)
  • 『現代倫理学入門』(講談社学術文庫 1997年)
  • 『20世紀の思想――マルクスからデリダへ』(PHP新書 1997年)
  • 『脳死・クローン・遺伝子治療――バイオエシックスの練習問題』(PHP新書 1999年)
  • 『子育ての倫理学――少年犯罪の深層から考える』(丸善ライブラリー 2000年)
  • 『応用倫理学入門――正しい合意形成の仕方』(晃洋書房 2001年)
  • 『価値観と科学/技術』(岩波書店 2001年)
  • 『先端技術と人間――21世紀の生命・情報・環境』(日本放送出版協会・NHKライブラリー 2001年)
  • 『見えてきた近未来/哲学――私の最終講義』(ナカニシヤ出版 2002年)
  • 『合意形成とルールの倫理学 応用倫理学のすすめ3』(丸善ライブラリー 2002年)
  • 『戦争倫理学』(ちくま新書 2003年)
  • 『新・環境倫理学のすすめ』(丸善ライブラリー、2005年) 
  • 『現代人の倫理学』(丸善、2006年)
  • 『教育の倫理学』(丸善、2006年)
  • 『資源クライシス だれがその持続可能性を維持するのか?』(丸善、2008年)
  • 『合意形成の倫理学』(現代社会の倫理を考える 第16巻)(丸善、2009年)
  • 加藤尚武著作集』(未來社、全15巻)、2017年冬より刊行

共著[編集]

  • 加藤尚文)『トポスとしての家――回答せよ昭和』(三一書房, 1986年)
  • 「ヘーゲルの屋台骨にヴィトゲンシュタインの扉をつける」『形而上学の可能性を求めて──山本信の哲学』工作舎, 2012 ISBN 978-4-87502-447-7

編著[編集]

  • 『ヘーゲル「精神現象学」入門』(有斐閣, 1983年)
  • 『環境と倫理――自然と人間の共生を求めて』(有斐閣, 1998年/新版, 2005年)
  • 『ヘーゲル哲学への新視角』(創文社, 1999年)
  • 『ヘーゲルを学ぶ人のために』(世界思想社, 2001年)
  • 『図解スーパーゼミナール環境学』(東洋経済新報社, 2001年)
  • 『人間と地球の未来を考えるための30のヒント』(丸善, 2001年)
  • 『共生のリテラシー――環境の哲学と倫理』(東北大学出版会, 2001年)
  • 『地球環境時代のIT読本――よくわかる情報技術のしくみと原理』(丸善, 2002年)
  • 『他者を負わされた自我知――近代日本における倫理意識の軌跡』(晃洋書房, 2003年)
  • ハイデガーの技術論』(理想社, 2003年)
  • 『環境再生・共生を考えるための31のヒント』(丸善, 2004年)

共編著[編集]

訳書[編集]

  • ローベルト・ハイス『弁証法の本質と諸形態』(未來社, 1970年)
  • エルンスト・マッハ『認識の分析』(法政大学出版局, 1971年)
  • フェッチャー『ヘーゲル――その偉大さと限界』(理想社, 1978年)
  • リュディガー・ブプナー『弁証法と科学』(未來社, 1983年)
  • リュディガー・ブプナー『現代哲学の戦略』(勁草書房, 1986年)
  • クェンティン・スキナー編『グランドセオリーの復権――現代の人間科学』(産業図書, 1988年)
  • H・T・エンゲルハート『バイオエシックスの基礎づけ』(朝日出版社, 1989年)
  • J・L・マッキー『倫理学――道徳を創造する』(晢書房, 1990年)
  • G・W・F・ヘーゲル『懐疑主義と哲学との関係』(未來社, 1991年)
  • ジョナサン・グラバー『未来世界の倫理――遺伝子工学とブレイン・コントロール』(産業図書, 1996年)
  • ミリャード・シューメーカー『愛と正義の構造――倫理の人間学的基盤』(晃洋書房, 2001年)

エピソード[編集]

東大在学中は共産主義者同盟(ブント)に加盟。教養学部自治会委員長選挙の際、加藤は西部邁らブントの構成員と投票用紙を偽造してすり替え、共産党員の候補を落選させる[1]

脚注[編集]

  1. ^ 西部邁『六〇年安保 センチメンタル・ジャーニー』文芸春秋、1986年、36-37頁。

外部リンク[編集]

学職
先代:
(新設)
鳥取環境大学学長
初代 : 2001年 - 2005年
次代:
古澤巌