山口謠司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 謠司(やまぐち ようじ、1963年 - )は、日本中国文献学者。大東文化大学准教授博士(中国学)。和辻哲郎文化賞受賞。

略歴[編集]

佐世保北高等学校卒業。大東文化大学文学部中国文学科卒業後、同大学院修士課程修了。修士課程入学と同時に東洋文庫所蔵『岩崎文庫貴重書解題』作成のため林望の助手となる。博士課程1年の時に東洋文庫研究員。東洋文庫研究員を務めた亀井孝一橋大学名誉教授に師事[1][2]

1989年よりイギリスケンブリッジ大学大学東洋学部兼任研究員。フランス国立社会科学高等研究院人文科学研究所アジア言語研究センター大学院博士課程後期を経て現職。妻はフランス人[3]

2012年、大東文化大学博士(中国学)の学位を取得。ケンブリッジ大学のピーター・コーニツキ(Peter Kornicki)と林望による『欧州所在日本古典籍目録』のためにヨーロッパの図書館に所蔵される日本、中国の古典籍を捜索し、目録を作成する。主なものは、ロンドン大学所蔵和刻本漢籍、ヴィクトリア&アルバートミュージアム所蔵日本及び中国古典籍、ルーヴァン・カトリック大学所蔵日本古典籍、スウェーデン国立東洋アジア博物館博物館所蔵日本古典籍、デンマーク王立図書館所蔵日本古典籍、フランス国立国会図書館、パリ・ミッションエトランジェール日本及び中国古典籍、ギメ美術館所蔵日本古典籍、アカデミーフランセーズ所蔵日本古典籍、イタリア・フィレンツェ個人蔵古典籍、ローマ法王庁所蔵日本古典籍、ドイツ国立図書館所蔵日本古典籍など。これらの業績は今、国立国文学研究資料館で公開されている。

2017年、『日本語を作った男 上田万年とその時代』で第29回和辻哲郎文化賞受賞。同年11月より、加賀市「今年のにほんごコンテスト実行委員長」就任。

著書[編集]

  • 『感じて!漢詩』やまぐちヨウジ 絵・文(不空社、2005)
  • 『妻はパリジェンヌ』やまぐちヨウジ(文藝春秋、2005)
  • 『漢字ル世界』やまぐちヨウジ絵・文(不空社、2005)
  • 『書いて楽しむ百人一首』(小学館、2006)
  • 『日本語の奇跡 〈アイウエオ〉と〈いろは〉の誕生』(新潮新書、2007)
  • 『書いて楽しむ論語 えんぴつで味わう漢字の世界』(小学館、2007)
  • 『日本人が忘れてしまった日本語の謎 当たり前に使ってる日本語は、こんなに不思議』(日本文芸社・日文新書、2010)
  • 『決して逃げなかった男たちの教え 戦国策伝』(ラピュータ、2010)
  •  日本語最後の謎に挑む』(新潮新書、2010)
  • 『面白いほどよくわかる漢字』(日本文芸社、2010)
  • 『迷いが晴れる論語の読み方 目からウロコ、孔子の真意』(幻冬舎、2011)
  • 『知らないと恥をかく漢字』(幻冬舎、2011)
  • 『日本人が忘れてしまった日本語の謎 当たり前に使ってる日本語は、こんなに不思議』日本文芸社 日文新書 2011 のち三笠書房知的生きかた文庫
  • 『漢詩へのパスポート』やまぐちヨウジ(徳間書店、2012)
  • 『感動する漢字 贈りたい一文字座右の一文字 』(廣済堂出版、2012)
  • 『超入門 中国古典』(すばる舎、2012)
  • 『日本語にとってカタカナとは何か』(河出書房新社、2012)のち河出書房新社・河出文庫
  • 『てんてん 日本語究極の謎に迫る』(角川選書、2012)
  • 『漢字はすごい』(講談社現代新書、2013)
  • 『大人の漢字教室』(PHP研究所、2013)
  • 『間違いやすい小学校で習った漢字正しい書き順 知らないと恥をかく!間違って覚えている漢字の書き順』日本文芸社 2013
  • 『名前の暗号』(新潮新書、2013)
  • 『となりの漱石』(ディスカバー21・ディスカバー携書、2015)
  • 『にほんご歳時記』(PHP新書、2015)
  • 『ディストピアとユートピア パズルを解くように漢詩を読む』(dZERO、2015)
  • 『日本語を作った男 上田万年とその時代』(集英社インターナショナル、2016)
  • 『日本語通』(新潮新書、2016)
  • 『〈ひらがな〉の誕生』(KADOKAWA中経の文庫、2016)
  • 『漢字ル!世界 暮らしの中で知る漢字のヒミツ』(游学社、2016)
  • 『感ジテ!漢詩 昭和歌謡で解き明かす漢字のヒミツ』(游学社、2016)
  • 『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』(ワニブックス、2017)
  • 『一九一七〈其ノ一〉』(游学社、2017)
  • 『知的社会人1年目の本の読み方』(フォレスト出版、2017)
  • 『ここが肝心!語彙力のヘソ すぐ身につくワンランク上の言葉の使い方』(徳間書店、2017)
  • 『音読力 読み間違う日本語の罠99』(游学社、2017)
  • 『失敗しない大人の 無敵の語彙大全 社会人が知っておくべき言葉555』(PHP研究所、2017)
  • 『頭の中を「言葉」にしてうまく伝える。』(ワニブックス、2017)
  • 『ミジッシ』(游学社、2017)
  • 『心とカラダを整える おとなのための1分音読』(自由国民社、2017)
  • 『大正時代 記録を記憶に残したい』(徳間書店、2017)
  • 『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ 【超「基礎」編】』(ワニブックス、2018)
  • 『文豪の凄い語彙力』(さくら舎、2018)
  • 『あいうえお五十音図は明覚さんが映し出したことばの曼荼羅です。』(游学社、2018)
  • 『この一言で「YES」を引き出す格上の日本語』(幻冬舎、2018)
  • 『漱石と朝日新聞』(朝日新聞出版朝日新書、2018)
  • 『現代エッセイ訳 徒然草 すらすら読めて、すっきりわかる』』(ワニブックスワニブックスPLUS新書、2018)
  • 『知性と教養が一瞬で伝わる!一流の語彙力ノート』(宝島社、2018)

共著

  • 『般若心経 生きる力がわく二六二文字の写経』星弘道と共著(徳間書店、2013)
  • 『白氏六帖事類集』(古典研究会叢書 漢籍之部)解題 神鷹徳治と共著(汲古書院、2008-2012)
  • 『大秦景教流行之碑翻訳資料』貴田晃と共著(大東文化大学人文科学研究所、2007)
  • 『東洋文庫所蔵岩崎文庫貴重書書誌解題 I』 亀井孝、佐竹昭広、石塚晴通、酒井憲二、栃尾武、林望と共著(財団法人 東洋文庫、1990)

翻訳

  • 『(編訳)中国歴史文献学史述要』 曾貽芬・崔文印原著『中国歴史文献学史述要』の翻訳 石川薫・洲脇武志と共訳

論文[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]