杉田弘子 (哲学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉田 弘子(すぎた ひろこ、1935年3月 - )は、日本の比較哲学研究者、武蔵大学名誉教授。

来歴[編集]

愛媛県松山市生まれ。愛知県立刈谷高等学校卒、1957年東京大学法学部卒業、文化放送勤務ののち1962年東大大学院比較文学比較文化修士課程入学、1968年同博士課程満期退学。1969年7月東大教養学部助手(ドイツ語)、1971年7月退任、西ドイツ・ハンブルク大学、1974年イタリア、米国で滞在研究。1976年帰国、武蔵大学人文学部教授、2000年定年退任、特任教授、2001年名誉教授。2011年『漱石の「猫」とニーチェ』で和辻哲郎文化賞受賞。

著書[編集]

  • ファミリーズ 欧米の家庭・日本の家庭 ティビーエス・ブリタニカ 1981.1 (Books'80)
  • 漱石の『猫』とニーチェ 稀代の哲学者に震撼した近代日本の知性たち 白水社 2010.2

翻訳[編集]

  • ニーチェ全集 第2期 第5-6巻 遺された断想 薗田宗人共訳 白水社 1984.5
  • 笑うニーチェ タルモ・クンナス 白水社 1986.5

参考[編集]

  • 杉田弘子教授略歴「武蔵大学人文学会雑誌」2001