勝又浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勝又 浩(かつまた ひろし、1938年7月24日 - )は日本の文学者文芸評論家法政大学文学部名誉教授

略歴[編集]

神奈川県生まれ。法政大学文学部卒業。学部生時代に「山月記」を読んだことがきっかけで中島敦の研究に取り組み始める。卒論指導教官の小田切秀雄の薦めで大学院に進学し、研究者となる。「我を求めて―中島敦による私小説論の試み」で、1974年群像新人文学賞評論部門を受賞する。2004年、『中島敦の遍歴』でやまなし文学賞を受賞する。法政大学文学部日本文学科教授を務め、『私小説研究』を刊行、2009年3月に退職し、名誉教授となる。2016年、『私小説千年史 日記文学から近代文学まで』(勉誠出版)により第28回和辻哲郎文化賞(一般部門)を受賞する[1]

虎井まさ衛池田雄一は教え子にあたる。

著書[編集]

  • 『我を求めて 作家論集』講談社 1978
  • 『求道と風狂』構想社 1985
  • 『都市の常民たち 作家のいる風景』勉誠社 1994
  • 『引用する精神』筑摩書房 2003
  • 『中島敦の遍歴』筑摩書房 2004
  • 『作家たちの往還』鳥影社(季刊文科コレクション)2005
  • 『「鐘の鳴る丘」世代とアメリカ』白水社、2012 
  • 『私小説千年史 日記文学から近代文学まで』勉誠出版、2015 
  • 『山椒魚の忍耐 井伏鱒二の文学』 水声社、2018

編纂・監修[編集]

  • 中島敦(編著)有精堂出版 1984.7(Spirit作家と作品)
  • 中島敦 木村一信共編 双文社出版 1992.11(昭和作家のクロノトポス)
  • 中島敦『山月記』作品論集 山内洋共編 クレス出版 2001.10(近代文学作品論集成)
  • 日本文学研究文献要覧 2000-2004 梅澤亜由美と監修 日外アソシエーツ 2005.7
  • 文芸雑誌小説初出総覧 1945-1980 監修 日外アソシエーツ 2005.7
  • 文芸雑誌小説初出総覧 1981-2005 監修 日外アソシエーツ 2006.7
  • 文芸雑誌内容細目総覧 戦後リトルマガジン篇 日外アソシエーツ 2006.11
  • 文芸雑誌小説初出総覧 作品名篇 監修 日外アソシエーツ 2007.7
  • 大人読み『山月記』 増子和男、林和利共著 明治書院 2009.6


脚注[編集]