カウティリヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カウティリヤ
Chanakya artistic depiction.jpg
カウティリヤ(画家の想像図)
別名 チャーナキヤ、ヴィシュヌグプタ
職業 大学教官、チャンドラグプタの政治顧問
著名な実績 マウリヤ朝の建国
代表作 実利論

カウティリヤサンスクリット語 कौतिल्य Kautilya:紀元前350年 - 紀元前283年)、あるいはチャーナキヤ(サンスクリット語 चाणक्य Cāṇakya)、あるいはヴィシュヌグプタ(サンスクリット語 विष्णुगुप्त)は、古代インドマガダ国マウリヤ朝初代チャンドラグプタ王(紀元前340年 - 紀元前293年)の宰相であり軍師であった人物。インド最初の本格的な統一王朝となったマウリヤ朝の建国の礎となったとされる。最も有名な『実利論』(サンスクリット語 अर्थशास्त्र Arthaśāstra)を著したとされ[1]、近現代には「インドのマキャヴェリ」と評されている。

カウティリヤは紀元前324年頃のインド北西部におけるチャンドラグプタの挙兵に大きく関わったとされており、彼の補佐のもとチャンドラグプタはガンジス川中流域へと侵攻してナンダ朝の首都パータリプトラを占領し、国王ダナナンダを殺害してナンダ朝を滅ぼし、マウリヤ朝を建国した。カウティリヤは建国されたマウリヤ朝において引き続き政治顧問の役割を果たし、事実上の宰相となっていた。また、タキシラにあった大学の教官でもあった。チャンドラグプタの死後も、彼の息子であるビンドゥサーラ王のもとで引き続き補佐を行っていたとされる。カウティリヤの残したとされる「実利論」はサンスクリット語で書かれた冷徹な政治論であり、しばしばマキアヴェッリの『君主論』と比較される。この「実利論」は同時に、当時のマウリヤ朝やインド社会を知るための貴重な資料ともなっている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山崎元一,小西正捷編『世界歴史大系 南アジア史1(先史・古代)』p106 山川出版社,2007年 ISBN 4634462087