経済学の哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

経済学の哲学: Philosophy of economics)または哲学と経済学: Philosophy and economics)は、経済学における基礎的諸問題(存在論認識論方法論価値論など)を扱う学際的分野。科学哲学政治哲学知識社会学等にまたがる。いわゆるマルクス経済学とは別物である。研究の観点は歴史/哲学/社会学等様々だが、一般的に、実証的分析(経済学者は何をやっているのか)に基づいて、何らかの規範的な提案(経済学はいかにあるべきか)がなされる、というパターンが見いだされる。

研究者[編集]

修士コース(英語)を提供している大学[編集]

学術雑誌[編集]

学会[編集]

外部リンク[編集]