村野四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村野四郎

村野 四郎(むらの しろう、1901年(明治34年)10月7日 - 1975年(昭和50年)3月2日)は、日本詩人

略歴[編集]

東京府北多摩郡(現東京都府中市)出身。兄は北原白秋門下の歌人の村野次郎。府立第二中学校(現・東京都立立川高等学校)時代は体操を得意とした。慶應義塾大学理財科(現・経済学部)卒業。理研コンツェルンに勤務。ドイツ近代詩の影響を受け、事物を冷静に見つめて感傷を表さない客観的な美を作り出した。詩集『罠』でデビュー。『体操詩集』(1939年)では、スポーツを題材にした詩にベルリン・オリンピック写真を組み合わせた斬新さと新鮮な感覚が注目を浴びた。同詩集については自身は「ノイエザッハリッヒカイト的視点の美学への実験」と言っている。

1960年には第11回読売文学賞を『亡羊記』で受賞、室生犀星は「現代詩の一頂点」と評価した。亡くなった3月2日は亡羊忌となっている。晩年はパーキンソン病に悩まされた。1975年3月2日、間質性肺炎を併発し、順天堂大学医学部附属順天堂医院で死去。戒名は明徳院文修雅道居士[1]

国語教材として取り上げられることの多い「鹿」、小中学校の卒業式の定番曲として知られる巣立ちの歌が一般的には有名である。作詞も行っており、なかでもアウグスト・ハインリヒ・ホフマン・フォン・ファラースレーベンAugust Heinrich Hoffmann von Fallersleben)作詞の Biene(SUMM SUMM SUMM)を日本語詞にした「ぶんぶんぶん」がよく知られている。

2003年、村野四郎記念館が府中市郷土の森博物館内、旧府中尋常高等小学校校舎1階に開館。

著書[編集]

詩集[編集]

  • 『罠』曙光詩社(1926年)
  • 『体操詩集』アオイ書房(1939年)日本図書センター 2004
  • 『抒情飛行』高田書院(1942年)
  • 『珊瑚の鞭』(1944年)
  • 『故園の菫』みたみ出版(1945年)
  • 『予感』草原書房(1948年)
  • 『実在の岸辺』創元社(1952年)
  • 『抽象の城』宝文館(1954年)
  • 『村野四郎詩集』東京創元社 ポエム・ライブラリイ 1958
  • 『亡羊記』政治公論社『無限』編集部(1959年)
  • 『村野四郎詩集』新潮文庫、1961
  • 『蒼白な紀行』現代日本詩集 思潮社(1963年)
  • 『村野四郎詩集』楠本憲吉白凰社 青春の詩集 1967
  • 『村野四郎全詩集』筑摩書房(1968年)
  • 『村野四郎 若い人のための現代詩』小海永二編著 社会思想社 現代教養文庫 1971
  • 『村野四郎詩集』金井直弥生書房 世界の詩 1972
  • 『村野四郎詩集』杉本春生旺文社文庫 1973
  • 『芸術』(1974年)
  • 『定本村野四郎全詩集』筑摩書房(1980年)
  • 『日本の詩 村野四郎』平井照敏ほるぷ出版 1985
  • 『村野四郎詩集』思潮社 現代詩文庫、1987
  • 『詩人 村野四郎』府中市教育委員会監修 ネット武蔵野 2004

詩論[編集]

  • 『牧神の首環』(1946年)
  • 『今日の詩論』宝文館(1952年、1986年増補版(桜井勝美,山田野理夫編)
  • 『現代詩の味い方』同和春秋社 中学生の文学教室(1953年)
  • 『現代詩読本』河出新書(1954年)
  • 『現代詩を求めて』社会思想研究会出版部 現代教養文庫(1957年)
  • 『鑑賞現代詩 第3 昭和』筑摩書房 1962
  • 『秀句鑑賞十二ケ月』愛育出版 1966
  • 『秀歌鑑賞十二ケ月』愛育出版 1967
  • 『現代名詩の鑑賞』愛育出版(1970年)
  • 『現代詩入門』潮新書(1971年)
  • 『詩的断想』冬樹社(1972年)

随筆[編集]

  • 『詩人の鶏』酒井書店(1957年)
  • 『鶏肋断想』毎日新聞社(1971年)

児童書[編集]

共編著[編集]

合唱曲作詞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)324頁

参考文献[編集]

  • 府中市郷土の森博物館編『府中市郷土の森博物館 ブックレット3 詩人 村野四郎』府中郷土の森博物館、2003年2月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]