田中一弘 (経営学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 一弘(たなか かずひろ、1966年 - )は、日本の経営学者一橋大学大学院経営管理研究科教授博士(商学)

東京都中野区生まれ。大学院で伊丹敬之らの指導を受け、コーポレートガバナンスが専門。企業家研究フォーラム賞受賞[1][2]

学歴[編集]

職歴[編集]

この間2005年から2006年まで経済産業研究所の研究員(ファカルティフェロー)も兼任。

著書・論文[編集]

著書[編集]

  • 企業支配力の制御─戦後日本企業の経営者・資金提供者関係─(2002年11月、有斐閣
  • 日本企業 変革期の選択、トップ・マネジメントの戦略的意思決定能力(2002年、東洋経済新報社) - 共著
  • 日本企業研究のフロンティア 第1号(2005年6月、有斐閣) - 共著
  • 松下電器の経営改革(2007年、有斐閣) - 伊丹敬之,加藤俊彦,‎‎中野誠と共著
  • 組織の〈重さ〉:日本的企業組織の再点検』(2007年、日本経済新聞出版社) - 沼上幹,加藤俊彦,‎島本実,軽部大と共著
  • 現代の経営理論(2008年、有斐閣) - 伊藤秀史,沼上幹,‎軽部大 と共編
  • 渋沢栄一と人づくり(2013年、有斐閣) - 橘川武郎,島田昌和と共編著
  • 「良心」から企業統治を考える(2014年、東洋経済新報社)
  • 企業統治(2017年、中央経済社) - 吉村典久,伊藤博之,‎稲葉祐之と共著

論文[編集]

  • 「銀行志向型」企業統治の日独比較─《制度》と《取引関係》からの分析─(1999年、組織科学第33巻第1号) - 共著
  • 執行役員制導入によるトップ・マネジメントの変容(2001年、国民経済雑誌第184巻第4号)
  • 有効な企業統治改革に向けて(2001年、ビジネス・インサイト第35号) - 共著
  • 経営者の埋め込みとエントレンチメント─企業ガバナンスへの複眼的アプローチに向けて─(2003年5月、国民経済雑誌第187巻第5号)

脚注[編集]

外部リンク[編集]