中村忠 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 忠 Football pictogram.svg
名前
愛称 ミニラ[1]、チュウさん[2]
カタカナ ナカムラ タダシ
ラテン文字 NAKAMURA Tadashi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1971-06-10) 1971年6月10日(46歳)
出身地 東京都
身長 174cm[3]
体重 68kg[3]
選手情報
ポジション DF / MF[2]
利き足 右足[3]
ユース
1984-1986 読売SCユースB
-1990 読売SCユースA
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1991 読売ジュニオール 10 (0)
1991-1999 読売クラブ/ヴェルディ川崎 177 (4)
1999 浦和レッドダイヤモンズ 15 (0)
2000-2004 京都パープルサンガ 96 (2)
代表歴2
1995-1998 日本の旗 日本 16 (0)
監督歴
2013-2015 FC東京U-15むさし
1. 国内リーグ戦に限る。2004年12月24日現在。
2. 1998年2月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中村 忠(なかむら ただし、1971年6月10日 - )は東京都瑞穂町出身の元プロサッカー選手サッカー指導者

現役時代は様々なポジションを務めるユーティリティープレイヤーとしてディフェンダー(DF)ミッドフィールダー(MF)を務めた[2]

来歴[編集]

6歳の時にサッカーを始める[3]。読売ユースから1990年読売ジュニオールを経て、シーズン途中で読売クラブ(後のヴェルディ川崎/東京ヴェルディ1969)に追加登録(第11節より)される。主に右サイドバックとしてJリーグ創生期の"ヴェルディ黄金期"を支えたひとりで[1]、以降1999年まで東京Vに所属。その間に、進学校である都立立川高校成蹊大学文学部英米文学科を卒業。

代表でも主に右サイドバックの候補として加茂周から召集を受ける。レギュラーだった柳本が負傷離脱しチャンスが巡ってきたが充分なアピールができず、新戦力の名良橋や中西にポジション争いで敗れる。チームが本大会出場を決め、岡田監督が改めて本大会仕様のチームを作るために多めの選手を召集した際に代表復帰を果たし、「右でも左でも、ボランチでも、どこでもやれる」と意気込みを語ったが、本大会メンバーからは外れ、その後代表には縁がなかった。

1999年途中にJ2降格の危機となった浦和レッドダイヤモンズレンタル移籍。リーダー格として期待されたが[4]、低迷に陥ったチームを立て直しきれずJ2降格を喫した。2000年からは京都パープルサンガへ完全移籍。2004年シーズンを最後に京都から戦力外通告を受けて現役を引退[5]

その後は指導者の道へ進み、自らのルーツである東京Vの育成組織でコーチを務めた。2012年よりFC東京U-15むさしのコーチに就任[1]、翌2013年からは監督を務めた。2016年からU-18チームのコーチに就任、さらにS級ライセンス取得[6]。同年7月、トップチームの監督交代及びコーチ陣の変更に伴いトップチームのコーチ兼U-23チームの監督になった。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 読売Jr JSL2部 10 0 0 0 - 10 0
読売 20 JSL1部 0 0 - - 0 0
1991-92 23 1 0 1 0 1 0 3 0
1992 V川崎 - J - 0 0 2 1 2 1
1993 34 2 7 0 2 0 43 2
1994 21 0 1 0 1 0 23 0
1995 42 0 - 2 1 44 1
1996 27 1 16 0 4 0 47 1
1997 6 15 0 0 0 2 0 17 0
1998 31 1 0 0 0 0 31 1
1999 J1 6 0 1 0 - 7 0
浦和 33 15 0 4 0 2 0 21 0
2000 京都 3 25 0 7 0 1 0 33 0
2001 J2 26 2 1 0 4 0 31 2
2002 J1 24 0 5 0 1 0 30 0
2003 17 0 2 0 0 0 19 0
2004 J2 4 0 - 0 0 4 0
通算 日本 J1 257 4 43 0 17 2 317 6
日本 J2 30 2 1 0 4 0 35 2
日本 JSL1部 1 0 1 0 1 0 3 0
日本 JSL2部 10 0 0 0 - 10 0
総通算 298 6 45 0 22 2 365 8
その他の公式戦
出場歴

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 16試合[1]0得点 (1995年 - 1998年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1995 3 0
1996 4 0
1997 8 0
1998 1 0
通算 16 0

指導歴[編集]

  • 2005年 - 2011年 東京ヴェルディ1969
    • 2005年 普及部コーチ 兼 ユースコーチ[6]
    • 2006年 ジュニアユース コーチ[6]
    • 2007年 - 2011年 ユース コーチ[6]
  • 2012年 - FC東京
    • 2012年 U-15むさし コーチ[6]
    • 2013年 - 2015年 U-15むさし 監督[6]
    • 2016年 - 同年7月 U-18 コーチ[6]
    • 2016年7月 - トップチームコーチ 兼 U-23監督
  • 2016年 - U-18/U-17日本代表コーチ[7]

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
2013 FC東京U15M U15東京都 優勝 42 14 14 0 0 - -
2014 U15関東2部 優勝 54 22 17 3 2 - -
2015 U15関東1部 2位 40 22 12 4 6 - -
2016 FC東京U-23 J3 10位 - -
通算 日本 U15関東1部 - - 22 12 4 6 - -
日本 U15関東2部 - - 22 17 3 2 - -
日本 U15東京都 - - 14 14 0 0 - -
総通算 - - 58 43 7 8 - -

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 東京V・中村忠氏がF東京コーチ就任”. 2012年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。 スポーツ報知 (2012年1月14日)
  2. ^ a b c d e f g 選手プロフィール (2004年版)”. 2005年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。 京都パープルサンガ (2004年2月25日、反転推奨)
  3. ^ a b c d e f ユースコーチ 中村 忠”. 2013年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。 東京ヴェルディ
  4. ^ RED VOICE Vol.36 浦和レッズ (2000年2月4日)
  5. ^ 中村忠選手、現役引退のお知らせ”. 2004年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。 京都パープルサンガ (2004年12月16日)
  6. ^ a b c d e f g 2016年度第3回理事会 報告事項 日本サッカー協会 (2016年3月10日)
  7. ^ 2016日本代表 コーチングスタッフ体制について 日本サッカー協会 (2016年2月19日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]