伊勢崎賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「伊勢﨑賢治」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

伊勢崎 賢治(いせざき けんじ、1957年7月6日 - )は、東京外国語大学総合国際学研究院(国際社会部門・国際研究系)教授、自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会呼びかけ人。

NGO国際連合職員として世界各地の紛争地での紛争処理、武装解除などに当たった実務家としての経験を持ち、紛争屋を自称する。現在は大学教授として教務する傍ら、評論家としてメディアにも出演しており、紛争解決請負人[1]とも呼ばれる。

略歴[編集]

人物[編集]

学生時代は空手を習っていたが、体育会系などの集団行動が大の苦手という旨の発言をしている[3]

アフガニスタンにいた45歳のときにトランペットを始め[4]ジャズトランペッターとしても精力的に活動している。最近ではむしろそちらの方がメインであるかのように強調しているが、SNSなどを通じて紛争やテロについての発言は続けている。[要出典]

社会的活動[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『インド・スラム・レポート』(明石書店,1987年)
  • 『NGOとは何か――現場からの声』(藤原書店,1997年)
  • 『東チモール県知事日記』(藤原書店,2001年)
  • 『武装解除――紛争屋が見た世界』(講談社現代新書,2004年)
  • 『自衛隊の国際貢献は憲法九条で――国際平和維持軍を統括した男の結論』(かもがわ出版,2008年)
  • 『日本の国際協力に武力はどこまで必要か』(高文研,2008年)
  • 『さよなら紛争(14歳の世渡り術)』(河出書房新社,2009年)
  • 『アフガン戦争を憲法9条と非武装自衛隊で終わらせる』(かもがわ出版,2010年)
  • 『国際貢献のウソ』(ちくまプリマー新書,2010年)
  • 『紛争屋の外交論――ニッポンの出口戦略』(NHK出版新書,2011年)
  • 『日本人は人を殺しに行くのか 戦場からの集団的自衛権入門 』(朝日新書,2014年)
  • 『本当の戦争の話をしよう: 世界の「対立」を仕切る』(朝日出版社,2015年)
  • 『新国防論』 毎日新聞出版、2015年11月
  • 『テロリストは日本の「何」を見ているのか』 幻冬舎幻冬舎新書、2016年10月

共著[編集]

監修[編集]

  • 『中東編 世界の人びとに聞いた100通りの平和』 かもがわ出版、2015年10月
  • 『アメリカ・アフリカ編 世界の人びとに聞いた100通りの平和』 かもがわ出版、2015年11月
  • 『アジア編 世界の人びとに聞いた100通りの平和』 かもがわ出版、2016年1月

TV出演[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 情熱大陸「伊勢崎賢治(紛争解決請負人)」”. MBSテレビ (2003年12月14日). 2012年5月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 伊勢崎賢治『国際貢献のウソ』 筑摩書房、2010年、pp204-207
  3. ^ 『武装解除――紛争屋が見た世界』(講談社現代新書)10頁、11頁より。
  4. ^ 『本当の戦争の話をしよう: 世界の「対立」を仕切る』朝日出版社 2015年

外部リンク[編集]