志々田浩太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
志々田浩太郎
ししだ こうたろう
生年月日 (1966-05-26) 1966年5月26日(54歳)
出生地 日本の旗 東京都武蔵村山市
出身校 北海道大学文学部
前職 国家公務員郵政省
東京都武蔵村山市長
所属政党 無所属
公式サイト 志々田 浩太郎

当選回数 2回
在任期間 1994年 - 2002年
テンプレートを表示

志々田 浩太郎(ししだ こうたろう、1966年5月26日 - )は、日本政治家郵政官僚。元東京都武蔵村山市長(2期)。桃源堂ホールディングス代表取締役

概要[編集]

東京都武蔵村山市生まれ。1991年北海道大学文学部卒業。北大卒業後、郵政省に入省し、通信政策局に配属される。1993年に郵政省を退官し、結党から間もない日本新党に入党。日本新党の政策綱領の作成に携わった。

1994年、27歳で武蔵村山市長選挙に無所属で立候補し、初当選。全国で史上最年少の市長となった [1]

1998年の武蔵村山市長選で再選。

2002年の武蔵村山市長選にも3選を目指して出馬したが、元武蔵村山市助役荒井三男に敗れ、落選。

落選後は家業である事務用品卸売会社役員を務める。同年11月、石原慎太郎東京都知事らの名前を無断で選挙公報の推薦人の欄に掲載した公職選挙法違反(虚偽事項の公表)の容疑で逮捕された。

武蔵村山市長時代は史上最年少の市長として注目を集めたが、1期目はその若さゆえに押しが弱く役人任せの姿勢が、2期目は特定病院の誘致に代表される独断専行の市政運営や福祉政策の削減を批判された。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪・四條畷市長に28歳・東氏 現職首長で最年少”. 日本経済新聞 (2017年1月16日). 2017年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
渡辺禮一
Flag of Musashimurayama, Tokyo.svg 東京都武蔵村山市長
1994年 - 2002年
次代:
荒井三男