小嶺忠敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小嶺 忠敏(こみね ただとし、1945年6月24日- )は、日本のサッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。V・ファーレン長崎チームアドバイザー。長崎県サッカー協会会長。長崎総合科学大学特任教授。長崎県立国見高等学校サッカー部元総監督

来歴・人物[編集]

長崎県南島原市(旧・南高来郡堂崎村→有家町)出身。長崎県立島原商業高等学校大阪商業大学を卒業し1970年、母校の商業科教諭およびサッカー部監督に就任。部員13人からサッカーの指導をスタートさせ、当時の九州サッカーは全国大会で1回戦さえ突破するのが難しい時代であったが[1]、1977年インターハイで長崎県勢として初優勝[1]1984年に当時は無名だった国見高に社会科教諭として赴任し、サッカー部を全国高校サッカー選手権で戦後最多タイの6度の優勝に導く[1]1996年には、JFA 公認S級コーチ(S級ライセンス)も取得。

長崎県の公立高校教員には、離島の学校に一度は赴任しなくてはならない規定があるが、教育委員会が小嶺の県外流出を恐れ、特例として離島に赴任させず、その後も教頭(1997-1999年度)・校長(2000-2005年度)として国見高に在籍させ続けた。なお、校長就任の際、全国高等学校体育連盟の規定により、監督を退いている(しかし監督のポストにはサッカー経験・指導歴のない教諭を形だけ据え、自らは「総監督」を名乗り、実質的な指揮をとった)。2006年3月に国見高を定年退職(総監督職は、2007年1月9日まで継続)。

定年退職後は長崎県サッカー協会会長(2004年6月10日就任)、長崎県教育委員会参与、特定非営利活動法人「V・ファーレン長崎スポーツコミュニティ」理事長(2006年5月27日付で副理事長から昇格)なども務めている(後の参院選出馬に伴い、一部役職は辞任した)。

2007年10月10日、長崎総合科学大学情報学部情報経営学科特任務教授および長崎総合科学大学附属高等学校サッカー部総監督に11月1日付で就任することを発表。今後、政治活動はしないことも明らかにした。

参院選出馬[編集]

演説する小嶺(長崎市公会堂にて)

2007年1月10日、同郷で防衛大臣(当時)の久間章生の推薦により、夏の第21回参議院議員通常選挙において自民党公認での出馬を表明(7月10日に公明党も推薦)。それに先立ち、1月9日付で国見高の総監督 、長崎県教育委員会参与の役職を辞任した。4月、後任の監督(「総監督」のポストは廃止)として、島原商業時代の教え子で元熊本国府高監督の瀧上知巳(2006年度にJFA 公認S級コーチ取得)が就任。

出馬表明当初は高い知名度を武器に圧倒的有利が予想されたが、後に消えた年金問題等のスキャンダルで自民党への逆風が吹き荒れたのに加え、小嶺を推薦した久間が参院選公示直前の6月に「原爆投下はしょうがない」発言問題を起こしたことで、形勢は不利に傾いた。小嶺の陣営は久間が応援に入ることで「原爆投下はしょうがない」発言が蒸し返されることを懸念し、久間も地元長崎県には入らなかったという[2]

7月29日の投開票の結果、民主党の新人・大久保潔重に敗れ落選した(自民党は参議院長崎県選挙区で初めて全議席を失った)。選挙中のキャッチフレーズは、大久保を意識し「生涯チャレンジ」としていた。

エピソード[編集]

  • 父親は小嶺が生まれる前に沖縄戦により戦死している[2]
  • 島原商業がまだ全国レベルで勝てなかった頃、田畑を売り払ってマイクロバスを購入し、自らの運転で部員を連れて全国各地を転戦しながらチーム強化を図ったのは有名なエピソード。九州の他校の指導者も小嶺に続き、後に九州はサッカー王国と呼ばれるに至った。
  • 小嶺が国見高に異動して9ヶ月後の冬、島原商業の教え子たちが全国高校サッカー選手権で優勝を果たした(帝京と両校優勝)。ちなみに、国見高新監督の瀧上知巳はこのチームの3年生で、背番号10のエースストライカーとして活躍した。
  • 国見高のユニフォームは、メインの青と黄色の縦じま が有名であるが、サブは黒と白の縦じまで、これは母校の大阪商業大学のユニフォームにあやかったものである。
  • 日本代表FWで、V・ファーレン長崎監督の高木琢也中学3年生の時、自身が高校2年生に進級する年(1984年)に小嶺が島原商業から国見高に異動するという情報を耳にしていたため、島原商業ではなく、あえて国見高に進学。しかし、高木の在校中、全国高校サッカー選手権初出場は果たせなかった(1学年下が3年時に初出場を果たし、準優勝)。
  • 1993年に日本で開催されたU-17世界選手権U-17日本代表監督を務め、後に日韓ワールドカップで活躍することになる中田英寿宮本恒靖松田直樹戸田和幸らを率いて、ベスト8進出の快挙を果たした。なお、A代表・年代別日本代表を通じて見ても、FIFA主催の国際大会で日本がベスト8に進出したのは、この時が初めてである。余談だが、U-17世界選手権のアジア予選を兼ねて前年に行われたU-17アジアユース選手権の日本代表監督を務めた際、高校入学前までFWだった松田直樹のDFとしてのセンスを早くから見いだし、FWからコンバートしている。
  • 2000年国体サッカー少年男子の部の競技において、長崎県選抜チームが国見高の選手単独で編成され、本大会決勝で静岡県選抜を4-0で破り、優勝(監督は別)。この年度国見高はインターハイ、選手権と合わせ、三冠を達成した。
  • 2005年3月には、長崎県民長年の待望であった長崎県内にJリーグクラブを目指すチーム(V・ファーレン長崎)の発足に長崎プロサッカークラブ推進委員会委員長として携わった。
  • たびたび俳優名古屋章2003年逝去)に風貌が似ていると言われる。
  • 田中真紀子は小嶺が参院選に出馬したことについて「サッカーのおじさんはサッカーをやっていればいい」と揶揄した。

主な実績[編集]

島原商業時代[編集]

国見高時代[編集]

インターハイ

全日本ユース選手権

全国高校サッカー選手権

※左の数字は年度を表している(高校選手権は1月上旬を中心に行われる)。高校選手権では、1974年から2006年まで小嶺の指導したチームが県代表として全国大会へ参加し続けた。唯一の例外は、1985年に国見を破って出場した平戸高校である(同校のGKは前川和也)。

その他[編集]

著書 [編集]

  • 国見発 サッカーで「人」を育てる (生活人新書)日本放送出版協会

脚注[編集]

  1. ^ a b c 週刊現代 (1月26日号 2013年). “週現『熱討スタジアム』 第45回 高校サッカーの名門・国見高校を語ろう 小嶺忠敏×永井秀樹×徳永悠平”. 講談社: 156頁. 
  2. ^ a b “小嶺氏、久間前防衛相の応援100%お断り”. 朝日新聞 (日刊スポーツ). (2007年7月15日). http://www2.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707150003.html 2010年7月15日閲覧。 

外部リンク[編集]