玉井操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
玉井 操 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タマイ ミサオ
ラテン文字 TAMAI Misao
基本情報
生年月日 1903年12月16日[1]
大日本帝国の旗 大日本帝国兵庫県
没年月日 (1978-12-23) 1978年12月23日(75歳没)[2]
日本の旗 日本神戸市生田区
選手情報
ポジション FW
ユース
1922-1927 早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
早稲田大学WMW
代表歴
1927 日本の旗 日本[3] 2 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

玉井 操 (たまい みさお、1903年12月16日 - 1978年12月23日)は、日本実業家サッカー選手玉井商船社長 (2代目)、日本船主協会副会長、日本サッカー協会副会長などを歴任した。

来歴[編集]

兵庫県出身。玉井商船の創業者・玉井周吉の長男として生まれ、明治学院中等部在学中よりサッカーを始めた。1922年、第一早稲田高等学院に入学して早稲田大学ア式蹴球部に入部。1923年にはビルマ人留学生のチョウ・ディンよりサッカーの直接指導を受けた。1924年に早稲田大学政治経済学部に入学[1]した後もア式蹴球部に在籍し、関東大学リーグ優勝などに貢献した。また、在学中の1927年8月に上海で開催された極東選手権競技大会サッカー日本代表に選出され、中華民国代表戦で1得点を挙げた[4]

大学卒業後の1928年より神戸海上火災保険(現在のあいおいニッセイ同和損害保険の前身)に入社・勤務した。1935年4月に父・周吉が死去したことに伴い、同年4月に神戸海上を退職[1]。同年5月に玉井商船に入社すると同時に玉井商船の第2代社長に就任した[1]

1947年10月、玉井商船の社長を退任したが、1951年1月に玉井商船の社長に再度就任[1]。1955年11月に大同汽船の社長に就任(1978年6月より会長に就任)[1]。1958年11月、日本船主協会(JSA)の阪神地区船主会議長、1958年12月よりJSAの副会長兼常任理事を務めた(1970年5月に議長と副会長は退任)[1]

1959年2月、海運造船合理化審議委員に就任(1970年5月に退任)[1]。1964年11月より神戸市商工会議所副会頭、1966年12月より兵庫県公安委員会委員(1972年12月に退任)、1971年5月より神戸国際会館の社長を夫々歴任した[1]

褒章としては1966年藍綬褒章1974年には勲三等旭日中綬章、また没後の1979年には正四位の追叙が行われた。

サッカー関係の公職としては、1931年より関西蹴球協会兵庫支部長、1939年より兵庫県蹴球協会会長、1957年より関西サッカー協会会長および日本サッカー協会副会長をそれぞれ歴任した。また、1970年に設立された日本最初の法人格を持つサッカー団体である社団法人神戸フットボールクラブの初代会長に就任した。

1978年12月23日神戸市生田区(現:中央区 (神戸市))の神戸掖済会病院急性心不全により死去した[2]

2006年日本サッカー殿堂に掲額された[5]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

1927年:第8回極東選手権競技大会サッカー競技

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 1得点(1927)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1927 2 1 4 0 5 1
通算 2 1 4 0 5 1

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 玉井商船株式会社 有価証券報告書(1978年3月期)、2014年9月26日閲覧
  2. ^ a b 「玉井操氏 訃報」 朝日新聞、1978年12月23日、2014年9月26日閲覧
  3. ^ 日本代表 試合別出場記録
  4. ^ 第8回極東選手権大会 (1927.08.27)”. 日本サッカー協会. 2014年9月26日閲覧。
  5. ^ 第二回日本サッカー殿堂掲額式典開催”. J's GOAL (2006年5月23日). 2014年9月26日閲覧。

外部リンク[編集]