田中完三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 完三(たなか かんぞう、1886年1月20日 - 1986年1月9日)は日本の実業家三菱商事の社長・会長、三菱本社の社長を務めた。

人物[編集]

新潟県佐渡郡相川町(現:佐渡市相川)出身。儒学者佐渡奉行所地役人の田中葵園は祖父。

1908年に東京高等商業学校(のちの一橋大学)を卒業し、三菱合資会社入社。1940年三菱商事会長、1943年三菱商事社長。

占領軍指令により追放された岩崎小弥太前社長の後継として、1945年に三菱本社に社長就任し、財閥解体による三菱本社清算まで、最後の社長を務めた[1]

1954年には旧三菱商事の後継会社である光和産業東京貿易不二貿易の大合同を実現[2]

1986年葉山町の自宅で死去、享年99。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1986/01/10, 日本経済新聞
  2. ^ 1988/12/16, 日経産業新聞