清河純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清河 純一(きよかわ じゅんいち、1878年1月7日 - 1935年3月1日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

本籍鹿児島県。清河公廉の長男としてに生まれる。1898年12月、海軍兵学校26期)を卒業し、1900年1月、海軍少尉任官。「浅間分隊長などを経て、日露戦争には、第1艦隊参謀として出征した。連合艦隊参謀などを経て、1907年12月、海軍大学校(甲種5期)を首席で卒業した。

伏見宮博恭王付武官、「音羽」副長、横須賀予備艦隊参謀、軍令部参謀、兼東伏見宮依仁親王付武官、海大教官、第2艦隊参謀、軍令部参謀(第1班第1課長)、兼参謀本部員、欧米出張、国際連盟海軍代表随員、ワシントン軍縮会議随員などを歴任し、1922年12月、海軍少将に進級。

さらに、国際連盟海軍代表、海大教官などを経て、1926年12月、海軍中将となり、第5戦隊司令官鎮海要港部司令官、舞鶴要港部司令官などを歴任し、1931年3月、予備役に編入された。

長女は岩崎久弥三菱財閥の3代目総帥)の三男・恒弥(元東京海上火災保険常務)に嫁いだ[1]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 佐藤朝泰『門閥 旧華族階層の復権岩崎家(262-263、272-273頁)立風書房 1987年4月10日第1刷発行、ISBN 4-651-70032-2

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。