武田秀雄 (海軍軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武田 秀雄
Takeda Hideo.jpg
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1886年 - 1914年
最終階級 海軍機関中将
テンプレートを表示

武田 秀雄(たけだ ひでお、1863年1月5日文久2年11月16日) - 1942年2月16日)は、日本の海軍軍人実業家。最終階級は海軍機関中将

履歴[編集]

文久2年(1863年)11月、土佐国香美郡野市村(現:野市町)に生まれる。父は土佐藩中老武田秀友大阪英語学校を経て、1878年(明治11年)8月、海軍兵学校機関科に入学。1883年(明治16年)10月、海軍機関学校(旧2)を卒業。1886年(明治19年)4月、海軍少機関士に任官した。

1890年(明治23年)7月から1894年(明治27年)6月までフランスに留学。帰国後、「厳島」乗組となり日清戦争に出征。次いで軍令部第2局付に異動し、1897年(明治30年)4月、海軍機関少監に昇進。1901年(明治34年)7月から翌年9月までフランスに駐在。1902年(明治35年)9月、艦政本部出仕となり、海軍教育本部第2部長に転じ、1903年(明治36年)9月、海軍機関大監に進級。

1905年(明治38年)4月、臨時煉炭製造所長に就任し、煉炭製造所長、海軍火薬廠製造部長を歴任し、1909年(明治42年)12月、海軍機関少将に昇進。1910年(明治43年)12月、教育本部第3部長に発令され、1913年(大正2年)12月、海軍機関中将に進み機関学校長に就任。1914年(大正3年)4月に待命となり、同年6月、予備役編入となった。

その後、三菱合資会社顧問、同管掌、三菱造船会長、同理事、三菱内燃機製造会長、三菱電機会長を歴任した。その他、財団法人滝乃川学園理事をつとめ社会福祉事業にも関わった。墓所は青山霊園1-イ-4-1。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3830号・付録「辞令」1896年4月9日。
  2. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  3. ^ 『官報』第3917号「辞令」1896年7月20日。

参考文献[編集]

  • 湯浅与三『武田秀雄伝』武田秀雄伝刊行会、1944年。
  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。