伊東義五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊東 義五郎(いとう よしごろう、1858年6月26日安政5年5月16日) - 1919年2月22日)は、日本海軍軍人、最終階級は海軍中将男爵

経歴[編集]

信濃国松代城下石切町に松代藩士・伊東賢治の四男として生まれる。藩校文武学校を経て、1872年9月、海軍兵学寮5期)に入学。1877年西南戦争に従軍。1881年1月、海軍少尉任官。フランスドイツ差遣(1884-1888)、海軍参謀部第3課員、「高千穂」副長心得、海軍参謀部第2課員、常備艦隊参謀、「比叡」「大和」「葛城」の各副長、佐世保水雷隊司令、「高千穂」副長、海軍省軍務局第1課員などを歴任。1894年9月、海相秘書官となり西郷従道大臣に仕えた。日清戦争では西海艦隊参謀長として出征した。

さらに、海軍省主事、フランス公使館付、「敷島艦長などを経て、1901年7月、海軍少将に進級。常備艦隊司令官横須賀鎮守府艦政部長などを歴任し、日露戦争時は横須賀工廠長であった。1905年11月、海軍中将となり、竹敷要港部司令官、将官会議議員を務め、1909年5月、予備役に編入された。1918年5月16日、後備役となる[1]

1907年9月、男爵を叙爵し華族となる。1911年から1919年まで貴族院議員を務め、大日本石油鉱業(現・帝国石油)社長にも就任した。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

親族[編集]

  • 妻 伊東満里子(1871-1945)- フランス海軍軍人テオドール・フラパース(Theodore Frappaz)の娘、フランス名マリ・ルイーズ・フラパース。1888年に16歳で伊東と結婚[12]。日本の軍人初の国際結婚[13]。義五郎がフランス公使館付海軍大佐(1896-1900)として再滞仏の際には長女・次女・三女を連れ同行。
  • 子供
    • イザベル・ベルト・マリー桜子(1889年生)- 1909年にフランス海軍軍人Marcel ROUVIER(1881-1920)と結婚、息子にGuy(1911-1995)[14]
    • シュザンヌ・マリー・アメリー不二子(1893年生)- 武者小路公共外交官)妻
    • レネー・マリー清子(1895年生)- 本野盛一(外交官。本野一郎長男)妻
    • ギー・イチ(1898年生)- パリ生まれの男児[15]。日本の資料に義五郎の子は一男五女の記述あり[16]、夭折等したか下記の義節と同一人物か。
    • 義節(よしのり、1900年生-1976年没)- 男爵継承者[17]。園芸・畜犬場「昭芳園」経営[18][19]。娘4人あり。
    • マルゲリート千代子(1902年生)- フランス海軍軍人Emmanuel ANDRIEU d'ALBAS(1894-1969)妻[20]。夫のダルバは東京のフランス大使館勤務経験があり、日本海軍の艦隊を解説した著作などもある[21]
    • 文子(あやこ、1912年生)[17]
  • 武者小路公秀本野盛幸

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1736号、大正7年5月18日。
  2. ^ 『官報』第2541号「叙任及辞令」1891年12月17日。
  3. ^ 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年9月28日。
  4. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。
  5. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」1898年3月9日。
  6. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  7. ^ 『官報』第6729号「叙任及辞令」1905年12月4日
  8. ^ 『官報』第7072号「叙任及辞令」1907年1月28日。
  9. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  10. ^ 『官報』第7813号「叙任及辞令」1909年7月12日。
  11. ^ 『官報』第3694号「叙任及辞令」1895年10月21日。
  12. ^ Marie ItoMy Heritage
  13. ^ 『国際結婚第1号 明治人たちの雑婚事始』小山騰、講談社、1995.12
  14. ^ Isabelle Sakurako ITOGeneanet.org
  15. ^ Le Commandant et Madame Yoshigoro ITO annoncent la naissance de leur fils Guy-Itchi à Paris (1898).AMBASSADEURS AU PAYS DU SOLEIL LEVANT DANS L’ANCIEN EMPIRE DU JAPON
  16. ^ 伊東義五郎『大日本人名辞書』上卷、(大日本人名辞書刊行会, 1926)
  17. ^ a b 伊東義節『現代華族譜要』日本史籍協会, 1929
  18. ^ 伊東義節『日本紳士録』33版(交詢社, 1929)
  19. ^ 『日本地名学硏究』中島利一郎、日本地名学硏究所, 1959,p43
  20. ^ Emmanuel ANDRIEU d'ALBASGeneanet.org
  21. ^ THE BRITISH PACIFIC FLEET JOINS INAustralian War Memorial

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。