有島生馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有島 生馬(ありしま いくま、本名・有島壬生馬、1882年明治15年)11月26日 - 1974年昭和49年)9月15日)は、神奈川県横浜市出身の画家有島武郎の弟、里見弴の兄。

は雨東生、十月亭。妻の信子は原田熊雄の妹。甥には武郎の実子である俳優森雅之がおり、1923年大正12年)に武郎が心中した後は彼の親代わりとなって育てた。

志賀直哉児島喜久雄とは少年時代からの友人で、『白樺』創刊に参加し、代表作『蝙蝠の如く』を書いた。長くヨーロッパに留学したが、その際、有島家の女中の恋人を志賀らに託し、帰国後、彼女と結婚の意志がないことを示したため、志賀との間に疎隔が生まれ、敗戦後、志賀は『蝕まれた友情』(1946年(昭和24年))を書いて絶交。一人娘の有島暁子呉茂一と離婚後、カトリックの道を歩んだ。

略歴[編集]

高等科まで学習院に学んだが病のため中退、東京外国語学校(現・東京外国語大学イタリア語科卒業。藤島武二のもとで洋画を学んだ。1906年明治39年)、欧州に留学。はじめローマに学び、その後パリへ移る。セザンヌ回顧展を見て感銘を受け、大きな影響を受けた。

著書[編集]

  • 蝙蝠の如く 洛陽堂 1913年(大正2年) 白樺叢書
  • 獸人 東京堂 1915年(大正4年)
  • 南歐の日 新潮社 1916年(大正5年)
  • 暴君へ 新潮社 1917年(大正6年)
  • 葡萄圃の中 春陽堂 1918年(大正7年)
  • 鏡中影 春陽堂 1919年(大正8年)
  • 死ぬほど 春陽堂 1920年(大正9年)
  • 美術の秋 叢文閣 1920年(大正9年)
  • 回想のセザンヌ エミル・ベルナール(訳)叢文閣 1920年(大正9年) のち岩波文庫
  • 嘘の果 常子の手紙 新潮社 1921年(大正10年)
  • 片方の心 プラトン社 1924年(大正13年)
  • セザンヌ アルス 1925年(大正14年)
  • 海村 改造社 1927年(昭和2年)
  • 現代日本文學全集 第27篇 有島武郎集・有島生馬集 改造社 1927年(昭和2年)
  • 有島生馬全集 全3巻 改造社 1932年(昭和7年)-1933年(昭和8年)
  • 有島生馬畫集 人物肖像篇 アトリヱ社 1932年(昭和7年)
  • 東方への港 岡倉書房 1936年(昭和11年)
  • 邪道 グラツィア・デレッダ(訳)日本出版社 1942年(昭和17年)
  • 青春回想 随筆集 信濃青年社 1947年(昭和22年)
  • 思い出の我 中央公論美術出版 1976年(昭和51年)
  • 一つの予言 有島生馬芸術論集 形象社 1979年(昭和54年)

関連人物[編集]