徳大寺公信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
徳大寺公信
時代 江戸時代初期-前期
生誕 慶長11年7月15日1606年8月18日
死没 貞享元年7月21日1684年8月31日
官位 従一位左大臣
主君 後水尾天皇明正天皇後光明天皇後西天皇霊元天皇
氏族 徳大寺家
父母 父:徳大寺実久、母:月明院織田信長の娘)
兄弟 公信和田三正
吉川広正の娘・夏姫(毛利秀就の養女)
実維公規
テンプレートを表示

徳大寺 公信(とくだいじ きんのぶ)は、江戸時代初期から前期の公卿。官位は従一位左大臣

経歴[編集]

慶長17年(1612年)に叙爵。以降清華家当主として速いスピードで昇進し、侍従左近衛中将を経て、寛永3年(1616年)には従三位となり公卿に列した。その後も権中納言踏歌節会外弁を経て、寛永16年(1639年)には正二位権大納言となり、寛永17年(1640年)には神宮伝奏となる。明暦元年(1655年)に内大臣に任じられるも翌年に辞す。万治3年(1660年)には右大臣となり、その翌年に従一位を授与された。寛文8年(1668年)には左大臣へと昇進したが、翌年に辞職した。延宝3年(1675年)、70歳の時に出家して朝廷への出仕をやめた。貞享元年(1684年)79歳の長命で薨去した(天和元年(1681年)薨去説もある)

系譜[編集]

関連項目[編集]