平時子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平 時子(たいら の ときこ、大治元年(1126年) - 文治元年3月24日1185年4月25日)は、平安時代末期の女性。平清盛正室継室)。位階従二位二位尼(にいのあま)と称される。中級貴族の平時信の娘で、母は二条大宮(令子内親王)の半物(氏素性は未詳)。権大納言平時忠の同母姉、平滋子(建春門院)の異母姉。清盛との間に宗盛知盛徳子(建礼門院)、重衡らを生む。

生涯[編集]

第一子の宗盛の誕生年より、久安元年(1145年)頃、清盛の後妻として迎えられたと推測されている。平治の乱後、二条天皇乳母となり、永暦元年(1160年)12月24日、八十島典侍の賞により[1]従三位に叙された(『山槐記』同日条)。時子が二条帝の乳母となり、清盛が乳父となったことは、信西の地位の継承の狙い[2]とともに、後白河院と二条帝の対立の中で、二条帝への従属と政治的奉仕の姿勢を示すもの[3]と考えられている。二条帝の崩御後、後白河院の寵妃となった異母妹・滋子とともに清盛と後白河院の政治的提携強化の媒介となり、仁安元年(1166年)10月10日、滋子の生んだ憲仁親王(後の高倉天皇)が立太子すると、同年10月21日に従二位に叙せられた(『兵範記』同日条)[4]

仁安3年(1168年)、清盛とともに出家。清盛が福原へ遷ると西八条第を継承し、八条櫛笥亭(八条二品亭)と名称を改めている。承安元年(1171年)、徳子が高倉天皇に入内すると、中宮の母として徳子の出産に関わったほか、高倉帝の諸皇子女の出生や成長儀式にも深くかかわり、清盛一門と皇室との関係を結ぶ役割も果たした。

清盛による治承三年の政変の後、治承4年(1180年)4月に徳子の生んだ外孫・安徳天皇が即位すると、清盛とともに准三宮宣旨を受けた(『百錬抄』治承4年6月10日条)。清盛はその晩年、宗盛を後継者とする意志を強く見せたため、亡き重盛流の小松家は嫡流からはずれ、時子の出自が新たに嫡流となった。

清盛亡き後は、宗盛や建礼門院徳子の母である時子が平家の家長たる存在となり、一門の精神的支柱として重きをなした。壇ノ浦の戦いで一門が源氏軍に最終的な敗北を喫すと、安徳帝に「浪の下にも都の候ぞ」(『平家物語』)と言い聞かせ、幼帝を抱いて海中に身を投じ自害した。

なお『吾妻鏡』には、時子は、三種の神器の一つ天叢雲剣を持ち、安徳帝は按察使局が抱いて入水したとあり、按察使局は引き上げられて助かっている。また『愚管抄』には、時子が安徳帝を抱き、さらに天叢雲剣と三種の神器のもう一つである神璽を具して入水したとある。

墓所・伝承[編集]

墓所は赤間神宮にあり、毎年5月2日に平家の落人の子孫らで組織される全国平家会の参列のもと一門追悼祭が齋行されている。また山口県長門市日置には、亡骸が打ち上げられたという伝承から、「二位ノ浜」と呼ばれる浜辺があり、海水浴場としても人気がある。

脚注[編集]

  1. ^ 『山槐記』同年12月15日条に清盛女が八十島典侍として下向した記事があるが、八十島典侍は天皇の乳母が勤めるものであり、清盛女は清盛室の誤りであるとされている(五味文彦)。
  2. ^ 五味文彦『平清盛』吉川弘文館<人物叢書>、1999年
  3. ^ 元木泰雄『平清盛の闘いー幻の中世国家』角川叢書、2001年
  4. ^ 同日滋子も従三位に叙せられている。清盛は東宮大夫だった。

参考文献[編集]

  • 金 永「平時子論」『文学』第3巻第4号、岩波書店、2002年

関連項目[編集]