山科言行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
山科言行
時代 江戸時代前期
生誕 寛永9年10月22日1632年12月3日
死没 寛文5年4月22日1665年6月5日
官位 参議
主君 後西天皇
氏族 藤谷家山科家
父母 父:藤谷為賢、母:家女房
養父:山科言総
兄弟 藤谷為条冷泉為清言行正親町実豊
持言四条隆安一条冬経[1]
テンプレートを表示

山科 言行(やましな ときゆき)は、江戸時代前期の公卿山科家16代当主。

経歴[編集]

寛永9年(1632年)、権中納言藤谷為賢の三男として誕生。山科家15代当主・山科言総の養子となる。

参議在任中の寛文5年(1665年)に34歳で病死した。

家督は子・持言が継いだ。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 系図纂要では鷹司房輔妾と記載されているが、これは誤りである。
先代:
山科言総
山科家当主
16代
次代:
山科持言