甘露寺規長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
甘露寺規長
時代 江戸時代中期
生誕 正徳3年6月23日1713年8月13日
死没 天明3年12月22日1784年1月14日
戒名 幽玄院
官位 従一位権大納言
主君 中御門天皇桜町天皇桃園天皇後桜町天皇後桃園天皇
氏族 万里小路家甘露寺家
父母 父:万里小路尚房、母:吉田兼敬の娘
養父:甘露寺尚長
兄弟 万里小路稙房規長
正室:黒田長貞の娘
継室:脇坂安清の娘
篤長、綾姫、千百、常子ら
テンプレートを表示

甘露寺 規長(かんろじ のりなが)は、江戸時代中期の公卿官位従一位権大納言甘露寺家29代当主。

経歴[編集]

正徳3年(1713年)、万里小路家19代当主・万里小路尚房の子として誕生。母は吉田兼敬の娘。

甘露寺尚長の養子となる。正室は秋月藩黒田長貞の娘、継室は龍野藩脇坂安清の娘。薩摩藩5代藩主・島津継豊の正室・浄岸院(竹姫)は従姉にあたる。子に篤長、綾姫(多千姫とも。薩摩藩第8代藩主・島津重豪継室。玉貌院)、千百(佐賀藩鍋島宗教養女、蓮池藩鍋島直寛正室)、常子(萩原従言正室)らがいる。

天明3年(1784年)、薨去。

系譜[編集]