鍋島直寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
鍋島 直寛
Nabeshima Naohiro(蓮池藩主).jpg
鍋島直寛像(佐賀県立博物館蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 延享3年3月18日1746年5月8日
死没 安永2年7月26日1773年9月12日
改名 虎八・万八(幼名)、直寛
戒名 幡竜院殿海印道弘
墓所 佐賀県佐賀市蓮池町西名の宗眼寺
官位 従五位下、朝散大夫、摂津
幕府 江戸幕府
肥前蓮池藩
氏族 鍋島氏
父母 父:鍋島直恒、母:側室・大隈良雄の娘
養父:鍋島直興
兄弟 直興喬良、姉(鍋島中務室)、牟田守尋
姉(諫早石見室)、姉(堀河康実室)、
姉(犬塚常芳養女、犬塚某室)、
姉(諫早石見養女)、直寛、妹(鍋島主馬室)
正室:千百甘露寺規長娘・鍋島宗教養女)
直温鍋島連善(次男)

鍋島 直寛(なべしま なおひろ)は、肥前蓮池藩の第6代藩主。

生涯[編集]

延享3年(1746年)3月18日、第4代藩主・鍋島直恒の四男として生まれる。宝暦7年(1757年)に異母兄で第5代藩主の直興が死去したため、その養子となり家督を相続して第6代藩主となった。藩の財政難のため、家臣の給料を払い遅れたり、菩提寺である宗眼寺や屋敷の焼失などによる出費が相次ぎ、藩士の献金や借金、大坂藩邸を抵当にかけたり、倹約令を出したりしてしのいでいた。直寛の行なった治績として、学問の奨励などを行なって藩校・成章館創設の基礎を築き上げたことにある。

安永2年(1773年)7月26日、水腫が原因で蓮池で死去した。享年28。跡を長男・直温が継いだ。