藤原為輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原為輔
時代 平安時代中期
生誕 延喜20年(920年
死没 寛和2年8月27日986年10月3日
別名 甘露寺中納言、松崎帥、正字:爲輔
官位 正三位権中納言
主君 朱雀天皇村上天皇冷泉天皇円融天皇一条天皇
氏族 藤原北家勧修寺流
父母 父:藤原朝頼、母:藤原言行の娘
藤原守義の娘
惟孝説孝宣孝藤原佐理
テンプレートを表示

藤原 為輔(ふじわら の ためすけ)は、平安時代中期の公卿藤原北家勧修寺流右大臣藤原定方の孫で、左兵衛督藤原朝頼の長男。官位正三位権中納言甘露寺中納言[1]または松崎帥[1]と号す。

経歴[編集]

朱雀朝末の天慶8年(945年蔵人所雑色次いで六位蔵人として天皇に仕える。天慶9年(946年譲位後も院判官代として朱雀院に引き続き仕えながら、木工権助式部少丞を歴任。天暦2年(948年)判官代の労により従五位下叙爵し、豊前権守に任ぜられた。

村上朝では天暦4年(950年因幡守、天暦9年(955年従五位上尾張守、天徳5年(961年正五位下丹波守康保3年(966年従四位下山城守と、地方官を務めながらその治国の功労により順調に昇進した。

冷泉朝に入ると、康保4年(967年左京大夫として京官を兼ねる。安和2年(969年)右中弁に遷ると、天禄元年(970年従四位上・左中弁、天禄2年(971年)右大弁と円融朝では弁官を務めながら引き続き順調に昇進し、天延3年(975年参議に任ぜられて公卿に列した。

貞元2年(977年正四位下に昇叙され、翌貞元3年(978年)には左大弁に進む。その後も左大弁として弁官を務める傍らで、天元4年(981年従三位永観2年(984年正三位と昇進を重ねた。

寛和2年(986年)正月に権中納言大宰権帥に任ぜられ、冷泉朝以来17年に亘って務めた弁官の職を離れる。同年8月27日薨去享年67。最終官位は正三位中納言大宰権帥。

官歴[編集]

公卿補任』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 公卿補任
  2. ^ 『日本紀略』

参考文献[編集]

  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年