藤原佐理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原佐理
藤原佐理.jpg
時代 平安時代中期
生誕 天慶7年(944年
死没 長徳4年7月25日998年8月19日
官位 正三位参議
氏族 藤原北家小野宮流
父母 父:藤原敦敏、母:藤原元名の娘
養父:藤原実頼
兄弟 佐理藤原為光室、章明親王妃、藤原高光
正室:藤原淑子藤原為輔の娘)
頼房、娘(藤原懐平室)
テンプレートを表示

藤原 佐理(ふじわら の すけまさ/さり[1])は、平安時代中期の公卿能書家太政大臣藤原実頼の孫。左近衛少将藤原敦敏の長男。

経歴[編集]

応和元年(961年従五位下叙爵し、侍従に任ぜられる。右兵衛権佐右近衛少将を経て、康保4年(967年冷泉天皇即位し、養父藤原実頼関白に就任すると従五位上に、翌安和元年(968年正五位下と続けて昇叙される。

安和2年(969年円融天皇の即位後まもなく右中弁に転任すると、天禄元年(970年従四位下、天禄2年(971年)左中弁、天延3年(975年)従四位上、貞元2年(977年正四位下と、円融朝の前半は弁官を歴任しながら順調に昇進し、天元元年(978年参議に任ぜられ公卿に列した。円融朝末の永観2年(984年)従三位に叙せられる。

同年に花山天皇が即位したのち一条朝にかけて、天皇外戚である藤原義懐(花山天皇外叔父)や、藤原道隆道兼道長兄弟(一条天皇外叔父)らに昇進で次々と先を越される中、正暦2年(991年)には参議を辞して大宰大弐として九州に赴任している。正暦3年(992年正三位

長徳4年(998年)7月25日薨去享年55。最終官位は前参議正三位兵部卿

人物[編集]

草書の第一人者として評価が高く、流麗で躍動感のある彼の筆跡は「佐跡」と呼ばれ、小野道風藤原行成とともに三跡の一人に数えられる。当時より能書家で知られ、円融花山一条の3天皇の大嘗会屏風色紙形の筆者を務めた。『参議要抄』には『佐理参議抄(佐理抄)』なる書が引用されており、小野宮家の一員らしく、故実についても一家言あったと思われる。

一方でを好み、いいかげんな性格だったようで『大鏡』は「如泥人」(泥のような者だった)と描写し、当時の関白藤原道隆東三条殿を造営した際、の色紙形にを書くように命じられた佐理が遅刻して道隆が立腹した話を伝える[2]。現代に残る彼の作品は、しでかした不始末のわび状や言い訳の類が多い。例えば「離洛帖」(りらくじょう)は、西国下向に際して上司に挨拶を忘れたとりなしを縁者に頼む内容である。しかし彼の詫び状を受け取った者は、それを能書家の貴重な手跡として保存し「離洛帖」や「詩懐紙」(しかいし。ともに国宝)などが現代まで伝わった。また金にも困っていたらしく、「去夏帖」は、自邸が壊れかけているが、修理費がないことを訴えている。

真跡[編集]

書状(離洛帖)畠山記念館蔵、国宝
  • 詩懐紙(国宝)香川県立ミュージアム蔵 - 「懐紙」とは書道用語では漢詩和歌などを一定の書式に則って書写したもののこと。本作品は平安時代の詩懐紙として現存する唯一の貴重な作品。
  • 書状(離洛帖)(国宝)畠山記念館蔵 - 正暦2年(991年)に書かれた書状で、内容は佐理が大宰大弐に任命されて任地へ向かう旅の途上、長門国赤間関(現在の山口県下関市)で摂政藤原道隆に対して赴任の挨拶を失念していたことを思い出し、妹の息子である藤原誠信に対して、道隆へのとりなしを依頼した詫び状。スピード感のある草書体を駆使した個性的な書風が特色である。
  • 書状(恩命帖)- 三の丸尚蔵館蔵 命じられた行事に使う矢の手配を忘れ、差し出した始末書。
  • 書状(女車帖・国申文帖)- 書芸文化院蔵 - 天元5年(982年)4月佐理が伊予権守在任中に、関白藤原頼忠家司であった藤原為雅を通じて頼忠にあてた詫び状。文書の処置を怠ったことに始まり、正月の大饗で頼忠より先に退出したこと、頼忠の娘の遵子が円融天皇の女御として入内する際の供奉を怠ったことなど、色々なことを詫びている。
  • 書状(去夏帖)
  • 書状(頭弁帖)(重要美術品[3]) 天皇に対する自分の申立てを頭弁(秘書官)に放置され、不満を並べている。 ふくやま書道美術館蔵。

官歴[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 名前は「すけまさ」だが、「さり」と有職読みすることが多い。
  2. ^ 『大鏡』第二巻,太政大臣実頼
  3. ^ 重要美術品認定の官報告示は1940年9月27日

参考文献[編集]

関連項目[編集]