藤原佐理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原佐理
藤原佐理.jpg
時代 平安時代中期
生誕 天慶7年(944年
死没 長徳4年7月25日998年8月19日
官位 正三位参議
氏族 藤原北家小野宮流
父母 父:藤原敦敏、母:藤原元名の娘
養父:藤原実頼
兄弟 佐理藤原為光室、章明親王妃、藤原高光
正室:藤原淑子藤原為輔の娘)
頼房、娘(藤原懐平室)
テンプレートを表示

藤原 佐理(ふじわら の すけまさ/さり[1])は、平安時代中期の公卿能書家太政大臣藤原実頼の孫。左近衛少将藤原敦敏の長男。

経歴[編集]

天暦元年(947年)佐理が4歳の時に父の敦敏が39歳の若さで亡くなったため、祖父の実頼によって育てられる。左近衛将監を経て、応和元年(961年従五位下叙爵し、侍従に任ぜられる。右兵衛権佐・右近衛少将と武官を経て、康保4年(967年冷泉天皇即位し、養父藤原実頼関白に就任すると従五位上に、翌安和元年(968年正五位下と続けて昇叙される。また、同年実頼の関白太政大臣辞任の上表文清書を務める[2]摂関大臣致仕の上表文の執筆は能書家にとって重要な書写活動であったことから[3]、当時既に佐理は能書家としてある程度の地位を築いていたと想定される[4]

安和2年(969年円融天皇の即位後まもなく右中弁に転任する。天禄元年(970年)5月に養父の実頼が薨去するが、同年11月の大嘗会において佐理は悠紀・主基屏風色紙型を書き[5]、その功労により従四位下に叙せられる[6]。天禄2年(971年)左中弁、天延3年(975年)従四位上、貞元2年(977年)には焼亡から再建した新しい殿舎や扁額揮毫するが、円融天皇からその筆跡を感嘆されて勅禄を与えられるとともに[7]正四位下に叙せられるなど、円融朝の前半は弁官を歴任しながら順調に昇進し、天元元年(978年参議に任ぜられ公卿に列した。永観元年(983年)円融天皇の御願寺である円融寺の落慶供養が行われた際、願文清書を行う[8]。円融朝末の永観2年(984年)再び造営された内裏の殿舎・門の扁額の揮毫を行い従三位に叙せられている。

同年に花山天皇が即位しその大嘗会でも悠紀主基屏風の色紙型を書き、寛和2年(986年)の一条天皇の大嘗会でもみたび屏風の色紙型の筆を執った[5]。花山朝から一条朝にかけては、天皇外戚である藤原義懐(花山天皇外叔父)や、藤原道隆道兼道長兄弟(一条天皇外叔父)らに昇進で次々と先を越される中、正暦2年(991年)には参議を辞して大宰大弐として九州に赴任している。正暦3年(992年正三位。しかし、正暦5年(994年)神人と乱闘したとして宇佐八幡宮から訴えられる[9]。乱闘を起こした事情は明らかでないが、佐理は病気を理由に大宰府使との面会を拒絶したことから、朝廷に対する抵抗とみなされ[10]、大宰大弐の官職を解かれた[11]。帰洛後は大宰府での失策にもかかわらず、長徳3年(997年)朝参を許されて[9]太皇太后宮権大夫に任ぜられる。

長徳4年(998年)正月に兵部卿に再任されるが、同年7月25日薨去享年55。最終官位は前参議正三位兵部卿

人物[編集]

草書の第一人者として評価が高く、流麗で躍動感のある筆跡は「佐跡」と呼ばれ、小野道風藤原行成とともに三跡の一人に数えられる。当時より能書家で知られ、円融花山一条の3天皇の大嘗会屏風色紙形の筆者を務めた[5]。『参議要抄』には『佐理参議抄(佐理抄)』なる書が引用されており、小野宮家の一員らしく、故実についても一家言あったと見られる。

一方でを好みいいかげんな性格だったようで、『大鏡』は「御心ばえぞ、懈怠者、すこしは如泥人ともきこえつべくおはせし」(「如泥人」は「愚図」「ぐにゃぐにゃした者」をいう慣用表現[12])と評している。[13]。現存する真跡は、不始末のわび状や言い訳の類が多い。例えば『離洛帖』は、西国下向に際して上司に挨拶を忘れたとりなしを縁者に頼む内容である。また金にも困っていたらしく『去夏帖』は、自邸が壊れかけているが、修理費がないことを訴えている。一方で、詫び状という本来鑑賞には向かない内容の書状が今日まで伝えられたのは、ひとえに佐理の筆跡の魅力故だろう。また、詫び状でありながら、脱字があったり書き損じの上に重ね書きをするなど、執筆態度はぞんざいであり、自らの不始末にはいっこうに頓着せず、平気で書き流すことができた性格が窺われる[14]

逸話・説話[編集]

太宰大弐の任期が終わり帰洛途中、伊予国に入る手前の港で暴風雨にあい数日足止めされた。するとある夜、夢に三島明神が現れ「社の額をあなたに書いてもらいたいと思い、暴風雨を起こして引き留めた」と告げた。そこで佐理が神前で揮毫し、無事都へ帰ることができたという[13]。この額は大山祇神社の宝物館に神号扁額として所蔵されている。

同時代の東大寺僧・奝然は弟子の喜因をに派遣した際、太宗への献上品として佐理の書を携帯させたという[15]

当時の関白藤原道隆東三条殿を造営した際、佐理はの色紙形に和歌を書くように命じられた。あまり人が集まらない早いうちに参上して書くべきところ、関白をはじめ多くの公卿殿上人が集まり、日が高くなるまで関白を待たせた末に、ようやく佐理は到着した。佐理もさすがにこのような状況で書くのは些か不作法と思ったが、書かないわけにもいかないので、急いで書いて退出しようとした。そこで関白から佐理は女装束を授けられたため、このようなことをしないてもよいのにと思いながらも捨てることもできず、受け取った装束をにかけて多くの人々を押し分けて出て行くという、何とも体裁の悪い羽目になった[13]

真跡[編集]

書状(離洛帖)畠山記念館蔵、国宝
  • 詩懐紙(国宝) - 香川県立ミュージアム蔵 - 安和2年(969年)に26歳の佐理が祖父の藤原実頼の家で行われた詩会に招かれた時に書かれた懐紙である。「懐紙」とは書道用語では漢詩和歌などを一定の書式に則って書写したもののこと。本作品は平安時代の詩懐紙として現存する唯一の貴重な作品。作風は小野道風の影響が強い。
  • 書状(離洛帖)(国宝) - 畠山記念館蔵 - 正暦2年(991年)に書かれた書状で、内容は佐理が大宰大弐に任命されて任地へ向かう旅の途上、長門国赤間関(現在の山口県下関市)で摂政藤原道隆に対して赴任の挨拶を失念していたことを思い出し、妹の息子で道隆の従兄弟の藤原誠信に対して、とりなしを依頼した詫び状。スピード感のある草書体を駆使した個性的な書風が特色である。
  • 書状(恩命帖)- 三の丸尚蔵館蔵 - 天元5年(982年)1月17日の射礼の行事に使う矢の手配を忘れ、差し出した始末書。
  • 書状(女車帖・国申文帖)- 書芸文化院蔵 - 天元5年4月39歳の佐理が伊予権守在任中に、関白藤原頼忠家司であった藤原為雅を通じて頼忠にあてた詫び状。文書の処置を怠ったことに始まり、正月の大饗で頼忠より先に退出したこと、頼忠の娘の遵子が円融天皇の女御として入内する際の供奉を怠ったこと、の3点を詫びている。禿筆に淡墨を用いて流麗で自由闊達な筆さばきで、詫び状とは思えない書の美をみせる。
  • 書状(去夏帖)- 所蔵先不明 - 永観2年に自分の屋敷の修造に関して提出した陳情書。
  • 書状(頭弁帖) - ふくやま書道美術館蔵 - (重要美術品[16])- 長徳4年(998年)亡くなる4ヶ月前に、一条天皇への自分の申立てを頭弁藤原行成源扶義)に放置され、不満を並べている愁訴状。宛先は切り取られており不明。最晩年の書だけあって、以前の初と比べて遅筆である。直筆で引かれた線に丸みがあり温雅であるが、内に秘めた強さが感じられ、佐理円熟の書と言える。

官歴[編集]

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 名前は「すけまさ」だが、「さり」と有職読みすることが多い。
  2. ^ 『日本紀略』康保5年6月22日条
  3. ^ 藤原伊行『夜鶴庭訓抄』
  4. ^ 福井[2013: 9]
  5. ^ a b c 『帝王編年紀』
  6. ^ 小松茂美『平安朝伝来の白氏文集と三蹟の研究』
  7. ^ 『日本紀略』貞元2年8月9日条
  8. ^ 『日本紀略』天元6年3月22日条
  9. ^ a b c 『日本紀略』
  10. ^ 『本朝世紀』巻14
  11. ^ 『百錬抄』第4
  12. ^ 文字どおりには「泥のような者」となる。なお、ここでの「泥」は、ナマコを指すという説もある。
  13. ^ a b c 『大鏡』第二巻,太政大臣実頼 清慎公
  14. ^ 吉川[1985: 210]
  15. ^ 宋史』巻第491
  16. ^ 重要美術品認定の官報告示は1940年9月27日
  17. ^ 『扶桑略記』

参考文献[編集]

  • 吉川美恵子「藤原佐理-その人と書風の特質について-」『奈良教育大学紀要』第34巻、1985年
  • 福井淳哉「能書・藤原佐理像の形成と変遷」『帝京大学文學部紀要. 日本文化学』44号、2013年
  • 保坂弘司『大鏡 全現代語訳』講談社学術文庫、1981年
  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第一篇』吉川弘文館、1987年
展覧会図録
  • ふくやま書道美術館編集・発行 『王朝の美 ―三蹟を中心として―』 2010年9月11日
    • 石永益三 「藤原佐理の生涯と「頭弁帖」」、PP.152-153

関連項目[編集]