甘露寺経元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
甘露寺経元
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文4年(1535年
死没 天正13年5月8日1585年6月5日
改名 高倉範家→範信→甘露寺経元
戒名 乗雲院快屋円空
官位 正二位権大納言
主君 後奈良天皇正親町天皇
氏族 下冷泉家甘露寺家
父母 父:冷泉為豊
養父:高倉範久甘露寺伊長
兄弟 冷泉為純経元
養兄弟:俊長熈長
藤波慶忠[1]
養子:経遠経家
テンプレートを表示

甘露寺 経元(かんろじ つねもと)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての公卿官位正二位権大納言

略歴[編集]

天文4年(1535年)、非参議冷泉為豊の次男として誕生。当初は高倉家の後継者とされるが、後に権大納言・甘露寺伊長の養子となる。

元亀元年(1570年)、参議天正10年(1582年)6月1日(本能寺の変前日)、准大臣勧修寺晴豊と共に、正親町天皇誠仁親王勅使として織田信長上洛を祝うために本能寺に出かけている。

天正13年(1585年)、薨去。家督は養子・経遠が継いだ。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 祭主