浄岸院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浄岸院(じょうがんいん、宝永2年2月19日1705年3月14日) - 安永元年12月5日1772年12月28日))は、薩摩藩第5代藩主島津継豊継室。権大納言清閑寺熈定の娘。江戸幕府第5代将軍徳川綱吉及び第8代将軍徳川吉宗の養女。名は竹姫(たけひめ)。

経歴[編集]

父熈定の姉妹・大典侍の局(寿光院)は5代将軍徳川綱吉の側室であったが、子に恵まれなかったため、姪にあたる竹姫を自身の養女とすることを望んだ。ちょうど綱吉も紀州藩徳川綱教に嫁いだ一人娘の鶴姫を宝永元年(1704年)に亡くしたばかりということもあってか、宝永5年(1708年)に綱吉と大典侍の局の養女として江戸城北の丸に迎えられる。将軍の側室が養女をとるのは異例のことで、当時大きく話題になったという。

同宝永5年7月に会津藩松平正容の嫡子久千代(正邦)と婚約するも、同年12月、久千代は早世してしまう。

さらに宝永7年(1710年)には有栖川宮正仁親王と婚約し、結納まで済ませるも、享保元年(1716年)にまたしても入輿を前に親王は没してしまう。

8代将軍吉宗の代になると、既に正室を亡くしていた吉宗に継室にと望まれたというが、5代綱吉の養女である竹姫は吉宗にとって仮にも大叔母にあたるため、6代家宣の正室(御台所)・天英院熙子の進言により、この話は沙汰止みとなったという。

代わりに吉宗は竹姫を自身の養女として新たな嫁ぎ先を探すものの、過去に立て続けて2度も婚約者が没しているともなれば不吉な噂も立ち、さらに一説には竹姫と吉宗は恋愛関係にあったともいわれ、婚家探しは難航した。

享保14年(1729年)になってようやく薩摩藩主島津継豊との縁組がまとまった。しかし、将軍家息女の婚家先には多くの経済的・精神的負担がかかるため、財政難の薩摩藩にとってはこの縁組みは災難以外の何物でもなかった。加えて継豊は病弱である上に、長男益之助が誕生したばかりであった。

結婚当時は夫・継豊が四位以上に任官していなかったにもかかわらず、「夫が四位以上の将軍家出身の女性」に与えられる「御守殿」の敬称の名乗りを吉宗から許されるなど異例の厚遇を受けた。しかし、後に隠居した継豊が鹿児島に帰国したのに対し竹姫は江戸に留まり、その10年後に継豊が鹿児島で没するまで再会することなく別居生活を送った。

継豊との間に一女(菊姫)を儲け、後に福岡藩黒田継高の子重政に嫁いでいる。また竹姫は嫡母として益之助(次代藩主島津宗信)の養育や義理の孫に当たる島津重豪の養育に携わり、その後の薩摩藩政にも大きな影響を及ぼしたとされる。

略歴[編集]

  • 宝永2年(1705年)2月19日、権大納言清閑寺熈定の娘として京で生まれる。
  • 宝永5年(1708年)、将軍徳川綱吉の養女となり、同年7月、会津藩主松平正容の嫡子久千代(正邦)と婚約。同年12月、久千代夭折。
  • 宝永7年(1710年)11月、有栖川宮正仁親王と再び婚約。
  • 享保元年(1716年)9月、正仁親王薨去。
  • 享保14年(1729年)6月、薩摩藩主島津継豊と婚約。同年入輿。
  • 宝暦10年(1760年)10月、継豊死去により落飾し浄岸院と称する。
  • 安永元年(1772年)12月5日、江戸の薩摩藩邸で死去。享年68。

法名は浄岸院信誉清仁祐光大禅定尼。墓所は鹿児島県鹿児島市島津家墓所

逸話[編集]

  • 浄岸院は将軍家の養女という立場を大いに利用し、島津家と徳川家の婚姻関係を深める政策を進め、薩摩藩8代藩主・宗信の正室に尾張藩主・徳川宗勝の娘・房姫と婚約させ(寛延元年、輿入れ前に房姫が死去。寛延2年には房姫の妹邦姫と宗信の婚約の話があがったが、今度は宗信が死去)、義理の孫で9代藩主・島津重豪の正室に一橋徳川家の当主・徳川宗尹の娘・保姫を迎えさせている。この婚姻により、島津家と徳川家との縁戚関係が深まっていくのである。
  • 浄岸院の死後、その遺言として、当時の薩摩藩主・重豪の娘茂姫と11代将軍徳川家斉(婚約当初は一橋家世子)との縁組が行われた。
  • 浄岸院やその他のこれらの婚姻の結果、外様であった薩摩藩の幕府に対する発言力が大いに増すこととなり、幕末に薩摩藩が台頭する大きな要因の一つになった。
  • 徳川宗直の娘で吉宗養女となり、仙台藩伊達宗村の正室となった利根姫とは養姉妹関係にある。

登場作品[編集]

テレビドラマ