松平正邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平正邦
時代 江戸時代中期
生誕 元禄9年4月10日1696年5月10日
死没 宝永5年12月26日1709年2月5日
改名 久千代(幼名)→正邦
陸奥国会津藩世嗣
氏族 会津松平家
父母 父:松平正容、母:智現院(榎本氏)
兄弟 正邦正甫正房容貞容章
養姫(松平定喬と婚約)、常姫(前田宗辰正室)
婚約者:竹姫清閑寺熙定の娘、徳川綱吉の養女)

松平 正邦(まつだいら まさくに)は、陸奥国会津藩主・松平正容の長男。付役は梶原傳九郎。正容の嫡子だったが、家督を相続することなく夭折した。代わって弟の正甫が嫡男となった。