松平容貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平容貞
Matsudaira Katasada.jpg
松平容貞(土津神社所蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 享保9年8月16日1724年10月2日
死没 寛延3年9月27日1750年10月26日
改名 長菊(幼名)→容貞
神号 土常霊神
墓所 福島県会津若松市東山町会津藩主松平家墓所
官位 従四位下侍従肥後守左近衛権少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
陸奥会津藩
氏族 会津松平家
父母 父:松平正容、母:本妙院(塩見氏)
兄弟 正邦正甫容貞容章
正室登茂(正覚院、松平頼豊の娘)
側室:舘氏(貴養、三田伊皿子の商家館新兵衛の娘)、安恵氏、中村氏
容頌貞歴(次男)、員(稲葉正弘正室)
テンプレートを表示

松平 容貞(まつだいら かたさだ)は、江戸時代中期の大名。陸奥会津藩主。会津松平家第4代。松平正容の八男。

生涯[編集]

享保16年(1731年)、父正容の死去に伴い家督を相続する。享保20年(1735年)、将軍徳川吉宗に拝謁し、 従四位下侍従兼肥後守に叙任。元文5年(1740年)、左近衛権少将に転任。寛延2年(1749年)12月、農民達による打ち壊しが発生し城下に及び、本年分の年貢の半減しこれを鎮めた。寛延3年(1750年)、27歳で死去した。家督は長男の容頌が継いだ。

関連項目[編集]