芝山宣豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
芝山宣豊
時代 江戸時代前期
生誕 慶長17年3月25日1612年4月25日
死没 元禄3年2月13日1690年3月23日
改名 勧修寺宣豊→芝山宣豊
官位 正二位権大納言
主君 明正天皇後光明天皇後西天皇
氏族 芝山家
父母 父:阿部致康
定豊宣助阿部房豊安倍瑞屯
安倍瑞屯養女[1]
テンプレートを表示

芝山 宣豊(しばやま のぶとよ)は、江戸時代前期の公卿堂上家(家格は名家藤原北家高藤流勧修寺庶流)である芝山家初代。

経歴[編集]

勧修寺晴豊の子である右衛門尉阿部致康の子として誕生した。始め大蔵卿勧修寺宣豊を名乗る。叔父・権大納言勧修寺光豊の猶子となる。

官位正二位・権大納言。

元禄3年(1690年)、薨去。

脚注[編集]

  1. ^ 設楽貞政
先代:
-
芝山家
初代
次代:
芝山定豊