小倉実起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
小倉実起
Ogura Saneoki.jpg
小倉実起像
時代 江戸時代前期
生誕 元和8年2月8日1622年3月19日
死没 貞享元年3月18日1684年5月2日
官位 正二位権大納言
主君 霊元天皇
氏族 藪家小倉家
父母 父:藪嗣良、養父:小倉実為
兄弟 藪嗣孝中園季定実起
小倉公根
公連、熙季(竹淵季伴)、
中納言典侍(霊元天皇典侍
テンプレートを表示

小倉 実起(おぐら さねおき)は、江戸時代前期の公卿大納言藪嗣良の三男で近衛少将小倉実為の養子となる。官位は正二位権大納言小倉家12代当主。

略歴[編集]

延宝3年(1675年)には正二位・権大納言となった。しかし延宝9年(1681年)、娘・中納言典侍の生んだ霊元天皇第一皇子・一宮(後の済深法親王)の出家に反対して一宮を匿う等したため、勅命違反として子・公連、季伴と共に佐渡島流罪となった(小倉事件)。

貞享元年(1684年)、同地で薨去。

関連項目[編集]

先代:
小倉実為
小倉家当主
12代
次代:
小倉公連