持明院保家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
持明院保家
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代前期
生誕 仁安2年(1167年
死没 承元4年3月1日1210年3月27日
別名 藤原保家
官位 従二位権中納言
主君 高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇
氏族 持明院家
父母 父:持明院基家、母:平頼盛の娘
高階泰経の娘
基保俊保家時家任持明院親任尊基行愉玄基、女子(松殿忠房室)
テンプレートを表示

持明院 保家(じみょういん やすいえ)は平安時代後期から鎌倉時代前期にかけての公卿権中納言持明院基家の次男。

経歴[編集]

嘉応3年(1171年従五位下叙爵承安4年(1174年従五位上加賀守に叙任され、安元元年12月(1176年2月)侍従に任ぜられる。

治承5年(1181年正五位下紀伊守に叙任。元暦2年(1185年)には淡路守に任官し、文治5年(1189年右近衛少将に遷る。文治6年(1190年従四位下に叙せられると、建久6年(1195年)従四位上、建久9年(1198年正四位下・右近衛権中将と順調に昇進し、建仁2年(1202年従三位に叙せられて公卿に列した。この間の建久10年(1199年三左衛門事件により出仕を停められている。元久元年(1204年正三位に進み、元久3年(1206年)に参議に任ぜられた。

建永2年(1207年)に讃岐権守左衛門督を兼帯。承元2年(1208年)に検非違使別当に補され、権中納言に任ぜられるが、承元3年(1209年)辞退して従二位に至る。同年按察使に任ぜられるが、翌1210年出家、同年3月に腫物[1]により薨去した。享年44。

官歴[編集]

  • 嘉応3年(1171年)正月6日:従五位下に叙爵(上西門院久寿元年御給)。
  • 承安4年(1174年
    • 正月21日:加賀守に任ず(父基家秩満替)。
    • 8月2日:従五位上に叙す(上西門院御給。朝覲行幸賞)。
  • 安元元年12月29日(1176年2月11日):侍従に任ず。去加賀守。
  • 治承3年(1179年)11月16日:重任。
  • 治承5年(1181年)/養和元年
    • 7月2日:紀伊守に任ず。
    • 12月4日(1182年1月10日):正五位下に叙す(造日前國懸社賞)。
  • 元暦2年(1185年)6月29日:淡路守を兼ぬ。
  • 文治5年(1189年)7月10日:右近衛少將に任ず(父基家辞権中納言任之)。
  • 文治6年(1190年)正月5日:従四位下に叙す(臨時)。少將如元。
  • 建久6年(1195年)正月5日:従四位上に叙す(上西門院未給)。
  • 建久9年(1198年
    • 正月11日:新帝昇殿を聴す。
    • 2月26日:正四位下に叙す(殷富門院御即位御給)。
    • 12月9日(1199年1月7日):右近衛権中将に転ず。
  • 建仁2年(1202年)10月29日:従三位に叙す。
  • 建仁3年(1203年)10月24日:侍従に任ず。
  • 元久元年(1204年)10月26日:正三位に叙す。
  • 元久3年(1206年)3月26日:参議に任ず。元侍従。
  • 建永2年(1207年
    • 正月13日:讃岐権守を兼ぬ。
    • 2月16日:左衛門督を兼ぬ。
  • 承元2年(1208年
    • 4月7日:検非違使別当に補す。
    • 7月9日:権中納言に任ず。
    • 7月23日:督・別當を辞す。
  • 承元3年(1209年
    • 4月14日:権中納言を辞し、従二位に叙す。
    • 10月30日:按察使に任ず。
  • 承元4年(1210年
    • 2月17日:腫物に依り出家。
    • 3月1日:薨去。享年44。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 玉蘂承元4年2月17日条