持明院家定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

持明院 家定(じみょういん いえさだ、生年不詳 - 建長3年(1251年))は鎌倉時代初期から中期にかけての貴族権中納言持明院家行の長男。官位正四位下左近衛中将

嘉禄元年(1225年左近衛少将に任ぜられる。貞永2年(1233年播磨守を兼ね、後に左近衛中将に昇任。位階正四位下に至った。建長3年(1251年卒去

略歴[編集]

  • 嘉禄元年(1225年)某月某日:左近衛少将に任ず。
  • 嘉禄3年(1227年)6月28日、近衛長子の行啓に供奉[1]
  • 貞永2年(1233年)正月24日:播磨守を兼ぬ[2]
  • 建長3年(1251年)某月某日:卒去[3]。最終官位は正四位下・左近衛中将[3][4]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 民経記嘉禄3年6月28日条。
  2. ^ 民経記貞永2年正月25日条。
  3. ^ a b 持明院家譜』家定。
  4. ^ 尊卑分脈頼宗公流。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年